全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

野菜直売、今シーズンの営業を開始【釧路】

今シーズンの営業を開始した野菜直売所

釧路市内2カ所で農園を運営する福西農園(福西範社長)が取れたての新鮮な野菜を販売する「野菜直売所」(釧路市北園41)が、今シーズンの営業を開始した。29日は午前11時からはホウレンソウ(100円)やブロッコリー(150~200円)など格安の野菜が店頭に並ぶ。

 同農園は市内鶴野に2㌶、北園に5㌶の農園を運営。北園では33棟のビニールハウスでホウレンソウを中心に栽培し、釧路の市場に出荷している。野菜直売所は北園の農園の敷地内に建設。床面積は約25平方㍍。昨年6月に開設した。直売所は住宅街に近く、近隣から新鮮な野菜を求める客も多いほか、白糠、阿寒町からも訪れる。

 今シーズンは27日に営業を開始。店頭には2カ所の農園で当日の朝に集荷した約15種類の野菜を並べて販売。最盛期には20品ほどを扱う。価格は100円から200円ほど。

 営業は週3日で、火、木曜日が午後1時、土曜日は午前11時から。営業時間は午後4時までだが、野菜がなくなり次第終了する。インターネット交流サイト(SNS)の「インスタグラム」を使い当日の販売品目を発信。福西社長(57)は「新鮮で甘い野菜を置いているので、ぜひ買って食べてみてください」と話している。問い合わせはインスタグラム「福西農園」から。

関連記事

紀伊民報社

「子ども食堂に協力を」  持続的運営へ支援団体を新設

 子どもの居場所や多世代交流の拠点となる「子ども食堂」を支援しようと、任意団体「県こども食堂応援ネットワーク」(事務局=和歌山県社会福祉協議会)が設立された。子ども食堂を持続的に運営していけるよ...

「ほべつメロン」最高値15万円 市公設地方卸売市場で初競り

むかわ町穂別地区の特産品で地域ブランド「ほべつメロン」の初競りが13日、苫小牧市公設地方卸売市場で行われた。卸売取引の最高値は、最上級品質「秀」の5玉が前年同額の15万円。この日から苫小牧市内のス...

素材にこだわり カフェ開店 高校生の自習場所にも 池田に複合店舗

 池田町大通6で学習塾や書店、駄菓子店などを経営する「さくらネットワークス合同会社」(片山喜博代表)は、店舗内でカフェ「SORA(そら)」の営業を始めた。素材にこだわったクレープやおにぎり、各種ド...

荘内日報社

バランス取れた食事の大切さ アランマーレ選手ら遊佐小で食育教室

 バレーボールのトップリーグ「大同生命SVリーグ」に所属する「プレステージ・インターナショナル・アランマーレ」(アランマーレ山形)の選手たちが12日、遊佐町の遊佐小学校(梶原勝校長、児童452人)を訪問...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク