全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

「網元の蔵」イメージ 旧加茂中学校跡地に移転改築 加茂コミセン来夏完成目指す

 鶴岡市が移転改築する市加茂コミュニティセンターの実施設計がまとまった。住宅密集地にある現在のコミセンを移転し、加茂水族館第2駐車場となっている旧加茂中学校跡地に、新しく整備する。計画では7月にも工事に入り来年7月末の完成を目指す。新コミセンの外観は、北前船の中継港として発展し、漁業の拠点ともなっている港町加茂で、網元の蔵をイメージさせる造りにする。

「網元の大きな蔵」をイメージさせる新加茂コミセンの完成予想図

 現在の加茂コミセンの建物は1969(昭和44)年建設の木造2階建て施設で、50年以上経過して老朽化が目立つ上、敷地が狭く駐車スペースも10台ほどとなっているため、市が移転改築事業を進める。

 新コミセンの建設概要によると、敷地は約5700平方メートルと現在の2倍強となり、駐車台数も50台分ほど確保する。建物は高齢者らも利用しやすいように平屋建て(鉄筋コンクリート造り)とし、延べ床面積は現在の施設の約1・6倍の約890平方メートルになる。

 大ホールや会議室、調理実習室、研修室、防災資機材庫、事務室などを備えるほか、加茂水族館来館者や日本遺産「北前船寄港地」に認定された町並み散策を楽しむ観光客用に、休憩などができる交流スペースや施設内とは別に外部から出入りできるトイレも設けるのが特徴。

 外壁の一部には板張りを施し、切り妻屋根の造りとともに「網元の大きな蔵」をイメージさせる。また、現在のコミセンにある「加茂石」を活用して地域性をアピールする。建築事業費は約4億2500万円を見込んでいる。

 市は今月中にも移転改築工事の入札を行い、市議会6月定例会で契約案件が可決されれば、7月から工事に着手する。

関連記事

紀伊民報社

返礼品に「一日駅長」 車内放送も体験 すさみ町

 和歌山県のすさみ町とJR西日本、日本旅行は14日、すさみ町のふるさと納税の返礼品として、町内にある周参見駅での「一日駅長体験」を共同企画したと発表した。3人限定で、寄付額は50万円と設定。「リ...

全国温泉サミットin虎杖浜 魅力発信 知名度向上へ 来月7日から 白老

白老町の虎杖浜温泉ホテル駐車場を会場に7月7日から3日間開催される「全国温泉サミットin虎杖浜温泉」(日本源泉かけ流し温泉協会主催)まで、1カ月を切った。同協会に加盟する温泉、浴場関係者が全国から...

ヨーカドーと思い出づくり 帯広店で地域挙げ稲田まつり

 今月末で閉店するイトーヨーカドー帯広店の駐車場で15日、「稲田まつり」が開かれた。キッチンカーや縁日が並び、来場者は楽しい思い出とともにヨーカドーの姿を目に焼き付けた。  地域住民らでつく...

荘内日報社

漁火照らす港でゆったり 酒田 能登被災者応援イベント

 今年元日の能登半島地震で被災した石川県内の漁業者支援を目的にしたチャリティーイベント「第1回酒田港漁火(いさりび)まつり」が14日夕、酒田市の酒田港東ふ頭交流施設「SAKATANTO(サカタント)」...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク