全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

旧国鉄の切符パネルに 60~80年代に全国で集めた240枚

苫小牧市光洋町の都築秀男さん(82)は、1960~80年代に全国各地で集めた旧国鉄時代の切符約240枚を、1枚のパネルに貼り付け、大切に保管している。昭和40(1965)年の刻印があるものや、かつて鵡川―日高町間の82.5キロを結び1986年に廃線となった富内線の切符もある。都築さんは「同じ趣味を持つ人と、土地土地の思い出話を語り合えれば」と願っている。

旧国鉄時代の乗車券をまとめたパネルと都築さん

 都築さんが当時表町にあった電気機械器具製造会社で電気柵の営業マンをしていた20~40代の頃に集めた。乗車券は硬券で、駅員が1枚ずつ切符を確認し、改札パンチで切り込みを入れる時代。営業で全国を飛び回り、多忙を極めたが、東北や九州などの出張先で「せめてもの思い出に」と切符を買い、各駅で特徴的な痕が残る改札ばさみを入れてもらった。10~30円だった入場券も集めた。

 パネルは高波被害で不通となったJR日高線の早期復旧が活発に議論されていた2016年5月に作成。「新聞やテレビで日高線の問題が取り上げられ、昔の切符を机に並べていたら思い付いた」といい、縦74センチ×横105センチの巨大パネル1枚に丁寧に貼り付けた。収まり切らなかった約20枚は蓋付きの缶にしまってある。1日に廃止された鵡川―様似駅間も全駅の切符がそろっており、貴重な鉄道資料にもなっている。

 都築さんは「1枚1枚眺めるだけで当時の記憶が呼び起こされる」としみじみ語る。同じ切符集めを趣味とする人やサークルとの交流を望んでおり、「互いに切符を持ち寄って語らう時間が過ごせたら」と話している。

 問い合わせは都築さん 電話0144(74)7777。

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク