全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

村内初の障害児施設開設【鶴居】

12日にオープンした障害児通所施設「ソレゾレCOLORS」と施設管理者の角田さん

 釧路管内で唯一障害児施設のなかった鶴居村に12日、障害児を放課後や休日に預かる放課後等デイサービスと日中一時支援を合わせ持つ通所施設「ソレゾレCOLORS(カラーズ)」が幌呂原野南5に開設された。施設管理責任者の角田めぐみさんは「たくさんの人の協力があって開設できた。地域の人たちが触れ合える施設としたい」と抱負を語っている。

同施設は、障害児の保護者らが昨秋に設立したNPO法人「ソレゾレ」が運営。開設には村も全面協力し、道と合わせて建設費1930万円のうち1230万円を助成し、10日に行った竣(しゅん)工(こう)式には、大石正行村長や村上明寛教育長らも参列した。2月から始めたクラウドファンディング(CF)でも、12日時点で159人から目標の200万円を超える支援が集まっているほか、道教大釧路校の学生らが外壁の塗装をしたり、地域の人が準備を手伝ったり、多くのボランティアが協力した。

 施設の広さは平屋建て1階延べ床面積約91平方㍍で、多目的ホールのほかシャワールームやキッチンルームも設置。利用には事前登録が必要で、障害もしくは発達が気になり市町村自治体が交付している「受給者証」を持つ子が対象。平日午後1時~同5時30分、土曜日と学校休業日の午前10時~午後4時を「放課後等デイサービス」として小学生から18歳まで、それ以外の時間を「日中一時支援」として年齢制限なしで受け入れる。

施設には、教員免許や保育士などの資格を持つ職員2人と送迎ドライバーが常駐。最大9人乗りのワゴン車を使い、30㌔圏内までの送迎も行う。平日は学校の宿題や簡単なレクリエーションなどを行い、夏休みや冬休みの学校休業日には、牧場見学や乗馬体験など予定する。すでに12人が登録し、初日は7人の利用があった。  角田さんは「これまでいただいた支援を、少しずつ返していくべく頑張っていきたい。分からないことがあれば気軽に連絡してほしい」と話している。問い合わせは0154(65)8505へ。        

関連記事

マンゴー共和国が建国式 根路銘大統領「たくさん味わって」 島の駅みやこ

宮古島産マンゴーのさらなるブランド化に寄与するためのイベント「マンゴー共和国2024」(主催・同実行委員会)の建国式が14日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の根路銘康文会頭が「大統領」に...

東三河の最先端技術が一堂に「ものづくり博」豊橋で始まる

 地域のものづくりの技術や製品などを一堂に集めた「ものづくり博2024in東三河」が14日、豊橋市総合体育館で始まった。ロボットや人工知能(AI)などの最先端技術を紹介し、試作機などを見て触っ...

北羽新報社

看護の道へ精進誓う 能代市の秋田しらかみ学院で初の「宣誓式」

 能代市落合の秋田しらかみ看護学院(近藤美喜学院長)で14日、宣誓式が行われた。基礎看護学実習を控えた2年生36人(男子1人、女子35人)が、志を共にする仲間たちと支え合いながら学びを深めていくことを...

23年度県産マンゴー豊作 前年比14%増の2041㌧

 【那覇】県農林水産部は14日、県産マンゴーの2023年度実績を発表、県全体で前年比14%増の2041㌧、八重山地区も平年対比で29%増の247㌧と豊作だった。24年産は県全体で12%減を見込む。  23年産が豊作...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク