全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

「天空美酒の郷」でPR ブランド化推進 長野県伊南地域

「天空美酒の郷」ブランドをPRする関係者

 国税庁の「酒蔵ツーリズム事業」モデル事例として今年度、多様な酒蔵が存在する地域特性を生かしたブランド化の取り組みを進める伊南DMO設立準備会は今後のブランド戦略やロゴマークなどを決め、4日に発表した。ブランド名は「天空美酒の郷」。個性豊かな美酒を育む自然や夜空の美しさをアピールしたもので、伊南地域の五つの酒蔵を地域独自の「価値」と位置付け、交流人口の拡大を図っていく。

 多彩なジャンルの酒蔵がある稀有な地域性を生かし、ブランド化の推進を通じて周遊滞在型の観光を目指す取り組み。二つのアルプスに囲まれた自然や文化も活用し、この地域ならではの資源を組み合わせたツアー商品などの開発も目指している。

 同会では昨年10月以降、国から派遣された専門家とともに検討を重ね、戦略を決定。ブランドのスローガンやロゴを作成したほか5蔵の魅力を発信し、海外からの誘客にも配慮したパンフレット・動画の制作、地元の酒を置く店の拡大とリスト化したチラシの配布などに取り組んできた。

 ロゴマークは空と山、川をデザイン化したもので、川はワイン、ウイスキー、養命酒、ビール、日本酒を表わす5色で彩っている。地元の酒が飲める飲食店については現在も拡大を図っており、これまでに25店を紹介したチラシを作成。伊南地域の全戸に配布している。

 今後、ブランドのホームページを開設して情報を更新していくほか、首都圏での新型コロナウイルス感染状況を注視しながら、タイミングを見てツアーの造成や誘客の取り組みを展開していく。

 プロジェクトリーダーを務める南信州ビール(駒ケ根市)常務取締役の竹平考輝さん(56)は「消費者にPRする素材ができたことは大きい。酒を含めた飲食や体験、アウトドアにも結び付けていきたい」と話している。

関連記事

紀伊民報社

返礼品に「一日駅長」 車内放送も体験 すさみ町

 和歌山県のすさみ町とJR西日本、日本旅行は14日、すさみ町のふるさと納税の返礼品として、町内にある周参見駅での「一日駅長体験」を共同企画したと発表した。3人限定で、寄付額は50万円と設定。「リ...

全国温泉サミットin虎杖浜 魅力発信 知名度向上へ 来月7日から 白老

白老町の虎杖浜温泉ホテル駐車場を会場に7月7日から3日間開催される「全国温泉サミットin虎杖浜温泉」(日本源泉かけ流し温泉協会主催)まで、1カ月を切った。同協会に加盟する温泉、浴場関係者が全国から...

ヨーカドーと思い出づくり 帯広店で地域挙げ稲田まつり

 今月末で閉店するイトーヨーカドー帯広店の駐車場で15日、「稲田まつり」が開かれた。キッチンカーや縁日が並び、来場者は楽しい思い出とともにヨーカドーの姿を目に焼き付けた。  地域住民らでつく...

荘内日報社

漁火照らす港でゆったり 酒田 能登被災者応援イベント

 今年元日の能登半島地震で被災した石川県内の漁業者支援を目的にしたチャリティーイベント「第1回酒田港漁火(いさりび)まつり」が14日夕、酒田市の酒田港東ふ頭交流施設「SAKATANTO(サカタント)」...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク