全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

苫小牧中央IC開通から1カ月 中心部への移動便利に、波及効果本格化にはなお時間

 道央自動車道・苫小牧中央インターチェンジ(IC)=苫小牧市高丘=は、昨年12月13日の開通から1カ月余りが経過した。同ICの料金所ゲートを通過した車両は12日までに累計11万8300台(速報値)で、1日平均3800台。「ほぼ計画通り」(室蘭建設管理部)というが、新型コロナウイルス感染拡大で人の移動が停滞する中、波及効果が本格化するまでにはなお、時間がかかりそうだ。

さまざまな波及効果が期待される苫小牧中央インターチェンジ=18日、ドローンで撮影

 ネクスコ東日本北海道支社のまとめによると、昨年12月13日~今月12日の苫小牧東、苫小牧西両ICを含めた市内三つのICの合計利用台数は31万9900台。東、西両ICの前年同期の合計利用台数よりも1万3000台少なかった。苫小牧東ICが8万3100台減の12万6300台、苫小牧西ICは4万8200台減の7万5300台だった。

 コロナ禍で社会の動きが停滞しているが、整備主体である道の室蘭建設管理部苫小牧出張所・足立浩所長は「コロナ下ながら、ほぼ計画通り(の利用台数)」と話す。

 苫小牧商工会議所の冨田聡子専務理事は「リモート会議が増える中、1日平均4000台近い利用は多いように感じる。コロナ収束後、中央ICの役割はより大きくなる」とみる。

 苫小牧市役所の50代男性管理職は「札幌に出張後、別の仕事ですぐ苫小牧に戻る必要があって中央ICを利用したが市役所までの移動時間は東IC利用時に比べ、10分以上短縮になった」と喜ぶ。

 安平、厚真、むかわ3町を管轄する胆振東部消防組合消防本部の稲葉博徳防災課長は「苫小牧市立病院に患者を運ぶ際、信号機や交差点がなく、より安全な搬送につながる。場合によっては移動時間の短縮にもなるため、中央IC活用は有効な選択肢」と述べた。

 一方、中央ICから比較的近い市内双葉、音羽両町の店舗で構成する昭和通り商店街振興組合の小亀勲顧問は「開通後は朝夕、(中央ICが接続する国道276号)緑跨(こ)線橋周辺の交通量は増えたが、各店に波及効果が出ているという話はまだ聞こえてこない」と打ち明ける。

 市内港町の海の駅ぷらっとみなと市場で、特産品のホッキ貝を使ったコロッケを販売する「元気ころっけ」を営む三河美喜子さん(76)も「札幌や旭川からの来店も多く、中央ICからここまではほぼ一直線で(誘客)効果はある」としながら「コロナで観光バスも来なくなっている。しばらくは厳しいだろう」と語る。

 市内の運送業者は「移動時間の短縮につながる」と物流効率化に期待を込めた上で、「利用料金が増えるため、(本格的な利用には)まだ慎重な業者が少なくない」と明かした。

 室蘭建設管理部は、国や市と連携して中央IC開通前後に周辺道路の交通量調査も実施しており、「何か影響が出てくれば、地域の声を聞き、対応していく」としている。

関連記事

紀伊民報社

江戸時代の錫杖? 児童が河原で見つける

 和歌山県田辺市龍神村湯ノ又の河原で地元の小学生2人が、僧侶が行脚する時に用いる仏具「錫杖(しゃくじょう)」の一部が落ちているのを見つけた。形状や傷み具合などから、江戸時代に作られたものと推測さ...

市協働・男女平等参画室 性の多様性を理解する職員に 「アライバッジ」配布

苫小牧市協働・男女平等参画室は、性的少数者への理解と支援の意志を持つ市職員に対し、支援者を意味する「ALLY(アライ)バッジ」を配布する取り組みを始めた。バッジを名札などに付けて「アライ」であるこ...

荘内日報社

常に学びの心忘れず努力(荘内看護専門学校)
入学20人看護の道目指し決意

 鶴岡市立荘内看護専門学校(鈴木聡校長)の入学式が15日、市立荘内病院講堂で行われ、第48回生の20人が看護の道を目指し、勉学に励む決意を新たにした。  1950年に創立され、3年制で看護師国家資格の...

宇部日報社

常盤公園でボタン見頃 昨年より早く 大ぶりで艶やか【宇部】

 常盤公園でボタンが見頃を迎えている。昨年より10日ほど早く開花。ぼたん苑では約100品種、250株が咲き誇り、ふくいくとした香りを漂わせている。    鮮やかなピンク色の「紅輝獅子」、純白の「...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク