全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

そば店に珍客、オオコノハズク【釧路】

 

天狗の面に止まったオオコノハズクを見守る長寿庵の石川社長(17日午後7時20分ごろ)

釧路市内の「長寿庵」(桜ケ岡1、石川峰之社長)に体長25㌢ほどのオオコノハズクが1羽、迷い込んだ。釧路市動物園によると、釧路でオオコノハズクが目撃されるケースは非常に珍しいという。

 オオコノハズクはフクロウ目フクロウ科で、夜行性。釧路市立博物館の記録によれば、釧路で発見されたのは1970年以降3件で、最後は94年の冬と少なく、生息状況は不明だという。  17日午後5時30分ごろ、同店小上がりの入り口の梁に小さなオオコノハズクが止まっているのに客が気付き、「それまで誰も気付かず本当にびっくりした。前夜に換気口から入ったのかな」と石川社長。客も「良いものを見た。良いことあるぞ」と写真を撮り、うれしそうに帰ったという。

 店内に飾っている天(てん)狗(ぐ)面の鼻の上で眠たそうにする場面も。石川社長は「近づいても首を動かすだけでおとなしいのがいいね」とにっこり。店からの連絡で到着した釧路総合振興局の職員とも相談し、元気な様子だったため、その場で自然に帰すことに。店員らが見守る中、窓を開けると元気に飛び立っていった。

 同動物園で写真を確認したところ、目の虹彩がだいだい色である点などからオオコノハズクと特定された。同園ふれあい主幹ツル担当の松本文雄さんは「春採周辺や武佐の森などに生息している可能性はあるが、昼間は木の上でじっとしているので目撃されるのはまれ。普通は人のいる場所へ迷い込むことはないので非常に珍しい」と語った。        

関連記事

帯広徳洲会病院「発熱外来」 入り口分け8日開設

 帯広徳洲会病院(音更、棟方隆院長)は8日から、「発熱外来」の運用を開始する。建物を一部改築し、発熱症状などがある患者と他の患者の入り口や動線を分ける。  発熱外来は同病院南側にある検査科予...

個性豊かな商品がずらり 障がい者の就労支援 ナイスハートバザール

 就労継続支援事業所などの商品が集うバザー「りゅうぎんプレゼンツナイスハートバザールin石垣島」が6日、マックスバリュやいま店駐車場であった。市内の9事業所が出店し、月桃おにぎりや牛乳パックを材...

長野日報社

コロナワクチン医療従事者優先接種始まる 長野県諏訪地方

 県諏訪保健福祉事務所は6日、新型コロナウイルスワクチンの医療従事者向け優先接種の実働訓練を諏訪市の諏訪赤十字病院などで実施した。午前と午後の2部制で午後は、基本型接種施設の4病院(諏訪赤十字...

荘内日報社

鶴高専が担う鶴岡の未来 地元企業との連携語り合う

 鶴岡商工会議所(加藤捷男会頭)の「鶴岡ものづくり企業懇談会」が5日、鶴岡市の東京第一ホテル鶴岡で開かれ、今月末で退任する鶴岡工業高等専門学校の高橋幸司校長の講演と、地元企業関係者を交えたパネルディ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク