全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

帯広畜大酒蔵「碧雲蔵」が日本酒の福袋販売

 帯広畜産大内に今春開設された酒蔵「碧雲蔵」(帯広市稲田町西2線)で醸造した日本酒の福袋が、来月2日から数量限定で販売される=写真。

 酒蔵は上川大雪酒造(上川管内上川町)などが建設した。大学内に設けるのは国内でも初の試み。試験醸造した初仕込みは7月の発売直後に完売し、各地から視察が多数訪れるなど注目度が高い。福袋は11月に酒蔵に見学室とショップをオープンしたことから企画した。

 1万円と5000円の2種類を用意し、いずれも通常価格より約3割お得な商品が入っている。川端慎治総杜氏(とうじ)兼副社長は「予想以上に十勝の人に親しんでもらえてうれしい。感謝の気持ちを込め、初仕込み大吟醸など希少な品も入れた。気軽に来店を(電話0155・67・5901)」とPRしていた。

関連記事

道内チーズ 今年も集結 藤丸で17日までフェア

 道内の乳製品を一堂に集めた「ミルク&ナチュラルチーズフェア2021」が14日、帯広市内の藤丸7階催し会場で開幕した。会場は初日からチーズや牛乳などを買い求める人でにぎわっている。17日まで。 ...

厳寒に南国たわわ 余熱ですくすく 新得・音更

 寒に入り十勝管内も一年で最も気温の低い時期を迎えているが、新得町や音更町のビニールハウスの中ではマンゴーやバナナといった南国を代表する果樹が実を付けている。熱源は温泉熱やバイオガスプラントの余剰...

紀伊民報社

かさかぶったイチゴ大福 農家と和菓子店が開発

 「農産物加工品研究所中野農園」(和歌山県田辺市学園)と和菓子店「菓匠二宮」(同市下屋敷町)は、熊野古道を歩く平安時代の姫をイメージしたイチゴ大福「熊野詣」を開発した。熊野古道をPRするのが狙い...

大樹の牛肉 カレーに 200グラムのうち100グラム

 町内の会社「和牛道」(西本通26、保志亮輔代表)は20日から、大樹産黒毛和牛の肉がふんだんに入ったレトルトの「和牛道カレー」を販売する。同日から肉の各部位などを扱うインターネット販売もスタートす...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク