全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「外サクサク、中ふわふわ」 児童らミーバイフライに舌つづみ 八重山漁協が給食に提供

ミーバイのフライを味わう平真小の児童=11日午後、同校

 新型コロナウイルスの影響で消費の落ち込んだ養殖魚・ヤイトハタ(ミーバイ)を活用しようと、八重山漁協(上原亀一組合長)は、沖縄県の事業を活用し、県内の学校給食センター等へ、同魚の切り身を提供している。11日は石垣市の学校給食に「ミーバイフライ」が登場した。  「水産物の学校給食用食材提供等支援事業」を活用した取り組み。同事業は、新型コロナウイルスの影響で経営が悪化している漁業者等を助けるために、消費の落ち込んだ水産物を、学校給食用食材として活用するもの。1人あたり100㌘を上限に、県が水産物の加工費、原材料費を補助する。県産水産物の消費を拡大し、地産地消の意識を高める狙いがある。  八重山漁協は同事業を使い、県内の学校給食センターや単独調理校を対象に切り身を提供。沖縄本島には計870㌔、郡内は計357㌔を提供する予定。   このうち平真小学校1年1組の福原澄高君(7)はミーバイフライをほおばり「外はサクサクしていて、中はふわふわ。甘くておいしい」と喜んだ。  また、八重山農林水産振興センターの牧野清人さんと、県指導漁業士の池田元さんが来校。池田さんは校内放送で、ヤイトハタの特徴などについて説明した。東大祐君(6年)は「ミーバイは産まれた時は全部メスということ、石垣島のスーパーでは売っていないという事を初めて知った。身が詰まっていておいしい。給食に出してもらってうれしい」と話した。

関連記事

東三河の最先端技術が一堂に「ものづくり博」豊橋で始まる

 地域のものづくりの技術や製品などを一堂に集めた「ものづくり博2024in東三河」が14日、豊橋市総合体育館で始まった。ロボットや人工知能(AI)などの最先端技術を紹介し、試作機などを見て触っ...

北羽新報社

看護の道へ精進誓う 能代市の秋田しらかみ学院で初の「宣誓式」

 能代市落合の秋田しらかみ看護学院(近藤美喜学院長)で14日、宣誓式が行われた。基礎看護学実習を控えた2年生36人(男子1人、女子35人)が、志を共にする仲間たちと支え合いながら学びを深めていくことを...

23年度県産マンゴー豊作 前年比14%増の2041㌧

 【那覇】県農林水産部は14日、県産マンゴーの2023年度実績を発表、県全体で前年比14%増の2041㌧、八重山地区も平年対比で29%増の247㌧と豊作だった。24年産は県全体で12%減を見込む。  23年産が豊作...

釧路新聞社

エゾイソツツジが見頃 硫黄山の麓で大群落【弟子屈】

 【弟子屈】硫黄山の麓で大群落が広がるエゾイソツツジの花が満開となり、見頃を迎えた。酸性の土壌という厳しい環境下でも、小さくてかわいらしい白い花が咲き誇り、訪れる人の目を楽しませている。また、...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク