全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ばん馬ぱん 力作食べて コンテスト受賞作品8日限定販売 帯広

8日限定でとかちむらで販売される受賞作の「ばん馬ぱん」

 ばんえい競馬にちなんだパンのデザインを公募した「ばん馬ぱんコンテスト」(NPOとかち馬文化を支える会主催)の受賞作品5種類が、8日限定で帯広競馬場内のとかちむらで販売される。各30個で売り切れ次第終了。

 全国から102点の作品が集まり、とかちむらでパンを販売する「あさひや」「ちいさな街のパン屋さん」「リスどん」「ペイストリーストーブハウス」が投票し、製造するパンを決めた。

 大賞の「うまろん」は、あさひやが製造。ばん馬の顔にクッキーやマロンペーストで秋らしさを取り入れた。この他の受賞作では競馬コースの障害に見立てたパンはソーセージとチョリソーを使用。蹄鉄(ていてつ)をかたどった作品はハード系のパンを使った。他に当初のデザインに加えて冬らしさを出すためにクリームを入れるなど、各店が工夫を凝らしたパンに仕上がった。

 同会の旋丸巴専務は「新型コロナウイルスで馬に触れる機会がなかったが、お子さんやパン屋さんにも楽しんでもらった。当日はぜひ買いに来てほしい」と呼び掛けている。

 パンは1個200円。とかちむら産直市場で販売する。午前10時~午後7時。

関連記事

長野日報社

南箕輪村特産米 飲食店で”村産村消” 「金芽米の日」開始 長野県

長野県南箕輪村で14日、村特産の特別栽培米「風の村米だより」を飲食店で提供する「金芽米の日」が始まった。毎月第2、4金曜日を「金芽米の日」として消費拡大と認知度向上を図る取り組みで、村内の飲食...

長野日報社

地元産原料の麦焼酎、来春発売へ製品化 長野県飯島町の「水緑里七久保」

 多品目で農業生産を手掛ける長野県飯島町七久保の「水緑里七久保」は、自社栽培の六条大麦を原料にした麦焼酎の製品化事業に着手した。喜久水酒造(飯田市)に醸造を委託し、来春に発売する。同社創立20周...

貴重な白「ひろがる」12日発売 めむろワイナリー

 芽室町内のワイン醸造所「めむろワイナリー」(中美生、尾藤光一代表)は12日から2023年ビンテージの白ワイン「ひろがる」(1本375ミリリットル、3300円)を84本限定で販売する。尾原基記醸造...

消費者へ“ツナグ”チーズ 芽室・大友牧場「ミルク感味わって」

 芽室町関山の大友牧場(大友詠吉代表)が、同牧場で搾った生乳を使いオリジナルのチーズ「ツナグ」を開発した。製造は新得町のチーズ工房「広内エゾリスの谷チーズ社」(寺尾智也代表)に委託した。大友代表は...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク