全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

苫小牧初の民間PCR拠点、さくらファミリークリニックが導入、屋外に簡易検査場

 苫小牧市東開町のさくらファミリークリニック(朴繁京院長)が市内の民間医療機関としては初めて、新型コロナウイルスの遺伝子検査(PCR検査)と抗原検査、精密抗体検査の受け付けを始めた。道の行政検査のほか、一般の検査希望にも対応。感染拡大防止と院内感染リスクを避けるため屋外に簡易検査場を設け、ウオークスルー方式で行っている。今冬はインフルエンザとの同時流行が懸念されており、早期に検査結果を把握し、適切な治療に結び付けたい考えだ。

「検査結果を踏まえて迅速な治療につなげたい」と話す朴院長

 朴院長はコロナの感染拡大で検査希望者が増えていることなどを踏まえ、「発熱などの原因を見極め、迅速な治療につなげるために必要と考えた」とし、今年5月に国内で初めて承認された新型コロナウイルス抗原検査キットを導入。9月29日からPCR検査などの受け付けを始めた。

 検査は原則車両で来院とし、他の外来患者との接触がないよう、同院の裏側に設置した簡易検査場で検体を採取する。朴院長も全身防護服で対応する。PCRの場合は結果が出るまで2日要するが、抗原検査は30分ほどで感染の有無が分かる。また、血液を採取して行う精密抗体検査も同時に実施できる。これまで25人を検査しているが、全員陰性だったという。

 検査結果が陽性だった場合、連携先の保健所につなぐ。陰性の場合は必要に応じて院内で診療する。

 PCR検査は税込み2万5000円。精密抗体検査は同4000円となっている。行政検査扱いの抗原検査は保険診療となり、検査代金は掛からないが初診および再診料などは有料。今後流行が予想されるインフルエンザも同時に検査できる。職場単位での検査受け付けや検査結果証明書の発行(有料)にも応じる。検査を受ける場合は事前の電話予約が必要。

 苫小牧市内のコロナ検査はこれまで、苫小牧保健所と苫小牧市医師会などが設置した苫小牧PCR検査センターの2カ所に限られていた。朴院長は「今後も民間医療機関で検査できる態勢が整ってほしい」と期待を寄せている。

 問い合わせや検査予約は同院 電話0144(55)6526。

関連記事

渡り途中に一休み ベニバト飛来 市内

 国内で見られるハトの仲間で最も小さいベニバトの群れが22日、石垣市内の田んぼで観察された。  ベニバトは、体長約23㌢で八重山に留鳥として生息する国の天然記念物のキンバト(全長25㌢)より小さい...

釧路新聞社

屋内遊戯施設、愛称「わんぱーく」に【根室】

  今冬オープン予定の屋内遊戯施設の愛称が決まった。愛称公募には31点の応募があり、中から北斗小学校3年の高井壮琉(そる)君(8)の「子供たちが『わんぱく』に遊べる『公園』(PARK・パーク)」を...

長野日報社

長野県諏訪市にアサギマダラ飛来の名所を フジバカマの花畑づくり3年

 諏訪市四賀普門寺の白狐公園横の畑にアサギマダラが飛来する花畑をつくる取り組みが行われている。国内外でチョウの採集をしているチョウ愛好家の伊藤春行さん(67)=同市中洲下金子=の呼び掛けで3年前...

荘内日報社

野球好きの女子集まれー!!(酒田ビクトリーガールズ)スポ少で育ち中学でも続..

 酒田地区野球連盟(池田藤悦会長)は、酒田、遊佐両市町の女子中学生を対象にした軟式野球チーム「酒田ビクトリーガールズ」を立ち上げ25日午後、同市の旧酒田工業高グラウンドで初練習を行った。県内の連盟と...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク