全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

白干し梅 近年で最高値 不作影響

「白干し梅」のたる詰め作業をする農家(田辺市稲成町で)

 梅の主力品種「南高」を塩漬けした「白干し梅」が今年、青梅と同様、近年で一番の高い価格で取引されている。梅が近年にない不作だったのが要因で、下等級品も昨年に続き高値となっている。農家にとっては収穫量が少ないため喜べる状況ではなく、業界からは収穫量の安定が求められている。

 白干し梅は1次加工の梅干しで、農家の大半が作っており、それを梅加工業者が購入し、調味漬けの2次加工をしている。今年も8月中旬から取引が始まり、9月以降に活発になった。
 和歌山県田辺市内の加工業者によると、今年の白干し梅の平均価格(2Lサイズ以上の10キロ入り、税別)は、高品質であるA級が1万円で、昨年より2千円高く、近年の最高値だった2017年(9千円)を上回っている。品質が落ちるB級は8千円、C級は7500円、それ以下の外品は7千円。下等級品が顕著に高くなったのは昨年からだが、いずれも昨年より500円高くなっている。加工業者は「外品の価格が、豊作で安くなった年のA級よりも高い」と驚く。
 青梅も近年では最高値だった。JA紀南を通じて出荷された市場での平均価格は、近年の高値だった12年より3割以上高くなった。  青梅も白干し梅も、高値の要因は梅の不作。JA紀南がまとめた今季の梅の収穫状況によると、収穫量は平年の6割強にとどまっており、大きく響いた。
 白干し梅の下等級品が2年連続で高くなったことについて、市内の加工業者は「一般消費で需要があるクラスの梅干しを一定の価格にすることで、農家の収入を安定させようという思いが反映されているのでは」とみている。
 しかし、梅干しの売れ行きは近年、メディアでの紹介をきっかけに伸びた18年をピークに、ここ2年は連続して減少している。
 JA紀南梅干分科会の田中淳之会長(54)=田辺市上三栖=は「価格が高いとはいえ、不作によってほとんどの農家は収入が平年よりも悪い。やはり、収穫量も販売量も安定した状況がよい。農家も努力しなければならない」という。他の梅業界関係者も「梅の販売強化はもちろんだが、まずは収穫量を安定させることが必要。温度の管理は難しいが、水の管理はできる。かん水に努力し、できるだけ不作にならないようにする必要がある」と話している。

関連記事

ポリネシア先住民族のダンサー ウポポイ 炎の演舞披露 白老

ポリネシアの先住民族にルーツを持つ米ハワイ出身のダンサー、デビット・ナレアイさん(45)とバイソン・ナレアイ(25)さんが24日、白老町若草町の民族共生象徴空間(ウポポイ)を訪れ、南洋のサモア諸島...

荘内日報社

土砂災害や河川氾濫に厳重警戒 「大雨特別警報」酒田、鶴岡、遊佐で避難指示

 梅雨前線の影響で大気が不安定となり庄内地方は25日、雷を伴った激しい雨が降り続いた。この雨で土砂災害の危険度が高まったとして気象庁は同日午後1時5分、酒田市と遊佐町に警戒レベル5に当たる「大雨特別警報...

メークインで高級スナック菓子 50グラム540円「フライドポテト」 JA..

 JA帯広大正(森和裕組合長)は、高級スナック菓子「帯広大正農協の大正メークインでつくったフライドポテト」を発売した。同JAのブランド野菜「大正メークイン」の素材力を生かし、サクサクの食感と素朴な...

宇部日報社

原小出身の三戸選手が2発、パリ五輪サッカー男子の初戦勝利に貢献、市役所で..

 パリ五輪のサッカー男子は25日(現地時間24日)、1次リーグが始まり、D組の日本は宇部市出身の三戸舜介選手(21)の2ゴールなどでパラグアイに5-0で快勝した。南米の難敵を相手に1次リーグ突...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク