全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

愛大と古関さん関係資料見つかる

 NHKで放送中の連続テレビ小説「エール」の主人公のモデルとなった作曲家の古関裕而さんが、1947(昭和22)年6月に豊橋市公会堂で開かれた「愛知大学交歓祭」の音楽会で指揮をしていたことが、愛知大名誉教授の藤田佳久さん(79)と、元東亜同文書院大学記念センター職員で、専門学校事務員の森健一さん(40)による調査で判明した。2人は「ドラマで有名になった古関さんが愛知大学とも関係があった」と驚いている。

 交歓祭は設立間もない愛知大が、地域住民と交流することを目的に開いた。体育祭や児童文化祭、教授の講演会などが数日間にわたってあったとの記録が残る。古関さんが訪れた音楽会は6月16日にあった。歌手の伊藤久男さんらが出演し、古関さんはコロムビア軽音楽団の指揮をしたとみられる。

 藤田さんと森さんは2016年、愛知大東亜同文書院ブックレットとして、1期生で元外交官の小崎昌業さんの記録をまとめた「小崎外交官、世界を巡る」を発刊。この時集めた資料の中に、古関さんの記録が残っていた。小崎さんは交歓祭の開催に深く関わっており、資料の中にあった音楽会の入場券に古関さんの名前が記されていた。新型コロナウイルス禍で資料を整理中に見つけた。  藤田さん、森さんは「古関さんの名前を見つけた時は、とても驚きました。有名人が愛知大学と関わりがあることが分かり、光栄に思います」と話していた。

関連記事

本別高発 豆スイーツ パンナコッタ給食採用

 本別高校(近藤浩文校長、生徒92人)の1年生が考案した「本別町の豆を使ったスイーツ」の発表会が20日、同校体育館で開かれた。発表したうち、町産の甘納豆や豆腐などを使ったパンナコッタが学校給食で提...

宇部日報社

コキア〝地上〟で紅葉

 山陽小野田市埴生の季節体験農場「花の海」で、爽やかな緑色が目を楽しませてくれていたコキアが紅葉し、一味違った表情が訪れた人の興味をかき立てている。    ヒユ科の一年草で、草丈80㌢にまで成長...

郡内各地で今季最低気温 石垣市盛山20・2度観測

 八重山地方は23日、大陸の高気圧の張り出しに伴う寒気の影響で最低気温が石垣市盛山で20・2度、西表島大原で20・6度、与那国島で21・0度などと郡内8カ所の観測地点全てで今季最低を記録した。24日も引...

長野日報社

洋ギク「諏訪マム」ブランドへ 茅野で初の展示会

茅野市のJR茅野駅前ベルビア2階のワークラボ八ケ岳で23日、同市泉野のキク生産者、鈴木紘平さん(41)、仁美さん(29)夫妻らが「洋ギク(マム)」の展示会を開いた。富士見町と原村の先輩農家が...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク