全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

保護猫カフェオープン 「譲渡の輪広げたい」と奄美猫部  奄美市名瀬大熊町

保護猫カフェで猫と触れ合う親子=2日、鹿児島県奄美市名瀬

 飼い主が飼えなくなるなどして保護された猫と触れ合える保護猫カフェ「gatti(ガッティ)」が2日、鹿児島県奄美市名瀬大熊町にオープンした。猫との生活を体験して家族として引き取ることもできる。運営する一般社団法人「奄美猫部」代表の久野優子さん(46)は「猫の譲渡につながる人の輪を広げ、正しい飼い方も一緒に伝えていきたい」と話した。

 久野さんは猫の適正飼育を啓発するため、猫好きの有志らでボランティア団体の奄美猫部を2014年に立ち上げた。野生化した猫(ノネコ)による希少動物への被害や、野良猫が多く、保健所での殺処分も多い奄美の現状を知ってもらおうと、講演やワークショップなどの活動を展開してきた。

 保護猫カフェは、飼い主がいない猫と触れ合える場を増やして譲渡につなげるため、久野さんが運営するカフェ「COVO TANA」の2階にある屋根裏部屋に開いた。奄美猫部が相談を受けて引き取った元飼い猫や野良猫5匹と、久野さんの飼い猫4匹が出迎えてくれる。

 オープン初日に訪れた奄美市名瀬の長田千春さん(43)、彩羽さん(14)親子は「猫を飼えなくても、一緒に遊べる場所があればと思っていたのでうれしい」「飼ってくれる人が見つかって、猫が幸せになるといいね」と笑顔を見せた。

 店名のgattiの意味はイタリア語で「猫たち」。「多くの猫を救いたい」との願いを込めた。久野さんは「猫の特性を理解して、飼うことの大変さも知ってほしい。譲渡先が見つかれば、また新しい猫を保護することもできる」と話した。

 営業時間は午後3~8時。不定休。完全予約制で1組4人まで。料金は30分500円(税別)から。引き取ることができるのは譲渡対象の猫のみ。問い合わせは、電話080(7895)0725久野さんへ。

関連記事

荘内日報社

看護職の魅力知って 地元高校生対象に現場体験

 看護職を目指す地元の高校生を対象に、県庄内保健所が主催する看護師体験セミナーが23日、鶴岡市立荘内病院で開かれ、座学と実技講習で看護師の仕事に理解を深めた。27日には酒田市の日本海総合病院でも同セミ...

紀伊民報社

グリーンツーリズム拠点に 上富田で農家レストラン開業

 和歌山県上富田町市ノ瀬に今月、農家イタリアン「sorriso(ソリッソ)」がオープンした。オーナーシェフの田上太輝さん(34)が自ら育てた野菜や果実を使った料理を提供するだけでなく、栽培や収穫...

本別高発 豆スイーツ パンナコッタ給食採用

 本別高校(近藤浩文校長、生徒92人)の1年生が考案した「本別町の豆を使ったスイーツ」の発表会が20日、同校体育館で開かれた。発表したうち、町産の甘納豆や豆腐などを使ったパンナコッタが学校給食で提...

宇部日報社

コキア〝地上〟で紅葉

 山陽小野田市埴生の季節体験農場「花の海」で、爽やかな緑色が目を楽しませてくれていたコキアが紅葉し、一味違った表情が訪れた人の興味をかき立てている。    ヒユ科の一年草で、草丈80㌢にまで成長...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク