全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

青年力士「胸たたき」 諏訪大社上社十五夜祭奉納相撲

相撲踊りで「胸たたき」を披露する青年力士たち

 県無形民俗文化財の諏訪大社上社十五夜祭奉納相撲は15日、本宮(諏訪市)の斎庭で行われた。化粧まわしを着けた青年力士11人が輪になり、古式ゆかしい相撲踊りを奉納。厳かな雰囲気の中、相撲甚句を歌いながら力士の所作を行い、全国で唯一継承されているとされる「胸たたき」(関西甚句)を披露した。

 「胸たたき」は相撲の基本である守りと攻めを表現している。境内に響き渡る相撲甚句が終盤を迎える頃、力士たちが輪の内側に大きく踏み出し、両手で自らの胸が赤らむほど強くたたき、体を打つ音を響かせた。十五夜祭奉納相撲神宮寺保存会や力士の家族、諏訪大社大総代が見守る中、無事に務めを果たした。

 十五夜相撲は神宮寺の若者たちが辻で相撲を取っていたのが始まりとされ、確かな記録は江戸時代の1817(文化14)年までさかのぼる。今年は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、例年行っている相撲大会は中止したが、奉納相撲の神事は行った。20~40歳の青年力士をまとめてきた大関の笠原稔之さん(38)は「区、先輩、家族、たくさんの支えのおかげで無事に奉納できた」と振り返った。五味寛雄会長(52)は「力士たちは制限がある中でよく練習に励んでくれた。感動を覚えた」と喜んだ。

関連記事

長野日報社

鮮やか二度咲きヤマツツジ 伊那市西春近のかんてんぱぱガーデン

伊那市西春近のかんてんぱぱガーデンで、春と秋の二季にわたって咲くヤマツツジが見頃を迎えた。展示ホール近くに植わる1株が鮮やかな朱色の花を付け、地域の人たちの目を楽しませている。 ヤマツツジ...

荘内日報社

プロと一緒に撮影 仙台の中学生が時代劇の映画づくり体験

 鶴岡市羽黒町川代のスタジオセディック庄内オープンセットに17日、仙台市立長命ケ丘中学校(長沼致弘校長)の2年生63人が校外活動で訪れ、名作の数々が生み出されたセットを使った時代劇の映画づくりを体験した...

紀伊民報社

県文化財指定を検討 安居の暗渠(あんきょ)

 和歌山県教育委員会は、白浜町の日置川沿いにある「安居の暗渠(あんきょ)」と水路について、県文化財指定を検討すると明らかにした。貴重な存在と評価し、保存や活用の方法も併せて考える。  17日の...

ガチャ440種 道東最大級 イオン帯広にオープン

 トーシン(帯広市、宮本達也社長)は18日、イオン帯広店(帯広市西4南20)2階に、カプセル入り玩具「ガチャガチャ」が400種類以上並ぶショップ「#C-pla(シープラ)」をオープンさせた。同...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク