全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

地図で「Youはどこから?」 駐在所企画 道の駅しかおい

 新得警察署鹿追駐在所は「道の駅しかおい」で、「Youはどこから鹿追へ?」と銘打ったユニークな啓発活動に取り組んでいる。旅行者の心理を巧みに突き、楽しみながら交通安全・防犯意識を高めてもらうことを狙う。

啓発ビラを掲示した地図と、シールを手にする押野見所長

 道の駅のスタンプラリー用のスタンプ台付近に、日本地図と北海道地図を貼り出し、来訪者にそれぞれの居住地にシールを貼ってもらう仕掛け。地図の余白に警察と町がそれぞれ、事件・事故防止に向けた注意喚起のビラを掲示し、訪れた人の目に自然に触れるようにした。

 考案した同駐在所の押野見祐司所長自身がスタンプラリーの愛好者という。「スタンプを押し、(道の駅のピンバッジを販売する)ガチャを回し、売店をちょっと見て回る」という自身の行動パターンに照らしながら、単に啓発チラシを設置するだけでは旅行者の目にほとんど入らないと判断。他方、対面での啓発活動は新型コロナの影響で制約がある。

 そこで思い出したのが、かつて訪れた道南の道の駅で、来訪者がどこから来たか地図にシールを貼って答えてもらう取り組み。「自分の足跡を残せるところが面白く、いつか活用してみようと思っていた」と企画を温めていた。

 1日から始めたところ、2週間で100枚を超えるシールが貼られた。

 およそ8割は道内客だが、首都圏を中心に道外各地にもシールが貼られている。9月末まで継続する予定で、道の駅の入り込み状況のデータを取りたい町も結果に期待しているという。

 啓発内容は車上狙いやあおり運転、野生動物との接触など、旅行中に遭ったら楽しい気分が一瞬で吹き飛ぶ事案の抑止が中心となっている。

 押野見所長は「面白くない思いをしないで済むように、事件・事故に気を付けて」と呼び掛ける。

関連記事

紀伊民報社

大規模演習で防災力確認 熊野川河川敷に600人参加

 和歌山県新宮市の熊野川河川敷で28日、総合水防演習があった。国土交通省や県、周辺自治体のほか、警察や消防、自衛隊などから約600人が参加し、いざという時の対応策を確認した。  紀伊半島大水害(...

荘内日報社

「し のたまわく……」 御隠殿に元気な声響く 鶴岡・少年少女古典素読教室

 「しのたまわくまなんでしこうしてこれをじしゅうす(子曰学而時習之)」―。旧庄内藩校「致道館」の学風を受け継ぎ、半世紀を超えて続く「少年少女古典素読教室」の本年度開講式が28日、鶴岡市の致道博物館内の...

足湯に漬かってワンちゃん満足 十勝川温泉ドッグラン

 「道の駅ガーデンスパ十勝川温泉」(音更町十勝川温泉北14)の外庭に、モール温泉を利用して整備された、全国初の犬の足湯付きドッグランが28日にオープンした。  この日は午前10時のオープン後...

舟こぎ競争、3年ぶり開催へ 奄美まつり パレード、八月踊りは見送り

 鹿児島県奄美市の奄美まつり協賛会(会長・安田壮平奄美市長)の2022年度総会が27日、奄美市役所会議室であり、今年の「第59回奄美まつり」は規模を縮小して8月5、6の両日に開催する方針を固めた...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク