全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

地図で「Youはどこから?」 駐在所企画 道の駅しかおい

 新得警察署鹿追駐在所は「道の駅しかおい」で、「Youはどこから鹿追へ?」と銘打ったユニークな啓発活動に取り組んでいる。旅行者の心理を巧みに突き、楽しみながら交通安全・防犯意識を高めてもらうことを狙う。

啓発ビラを掲示した地図と、シールを手にする押野見所長

 道の駅のスタンプラリー用のスタンプ台付近に、日本地図と北海道地図を貼り出し、来訪者にそれぞれの居住地にシールを貼ってもらう仕掛け。地図の余白に警察と町がそれぞれ、事件・事故防止に向けた注意喚起のビラを掲示し、訪れた人の目に自然に触れるようにした。

 考案した同駐在所の押野見祐司所長自身がスタンプラリーの愛好者という。「スタンプを押し、(道の駅のピンバッジを販売する)ガチャを回し、売店をちょっと見て回る」という自身の行動パターンに照らしながら、単に啓発チラシを設置するだけでは旅行者の目にほとんど入らないと判断。他方、対面での啓発活動は新型コロナの影響で制約がある。

 そこで思い出したのが、かつて訪れた道南の道の駅で、来訪者がどこから来たか地図にシールを貼って答えてもらう取り組み。「自分の足跡を残せるところが面白く、いつか活用してみようと思っていた」と企画を温めていた。

 1日から始めたところ、2週間で100枚を超えるシールが貼られた。

 およそ8割は道内客だが、首都圏を中心に道外各地にもシールが貼られている。9月末まで継続する予定で、道の駅の入り込み状況のデータを取りたい町も結果に期待しているという。

 啓発内容は車上狙いやあおり運転、野生動物との接触など、旅行中に遭ったら楽しい気分が一瞬で吹き飛ぶ事案の抑止が中心となっている。

 押野見所長は「面白くない思いをしないで済むように、事件・事故に気を付けて」と呼び掛ける。

関連記事

荘内日報社

避難所に段ボールベッド組み立て(鶴岡・大泉小)児童と保護者対象「防災体験..

 鶴岡市大泉地区の避難所に指定されている大泉小学校(奥田満哉校長、児童137人)で4日、全校児童と親を対象にした防災体験教室が開かれ、専門家による講話やワークショップ、避難所開設体験が行われた。 ...

紀伊民報社

「甘くて濃厚」と好評 作業所開発のミニトマトジュース

 和歌山県みなべ町の「なかよし福祉会」が運営する「なかよし作業所」が、地元の農家からミニトマトを仕入れて作るジュースが「甘くて濃厚な味でおいしい」と好評だ。障害者の就労を支援する団体が作ったカタ...

丸ごと120㍍移動 キャンプセンター曳家工事本格化  千歳モラップの支笏湖..

環境省北海道地方環境事務所は6日、千歳市モラップの支笏湖野営場で、「キャンプセンター」の曳家(ひきや)工事を公開した。建物を解体せずにそのままの状態で移動させる伝統的な建築工法。同省による曳家工事...

パイ生地で彩り鮮やか 豊頃のエレゾがシカやクマの限定テリーヌ

 食肉加工・飲食業のエレゾ社(豊頃町、佐々木章太代表)は、テリーヌをパイ生地で包んだフランスの伝統料理「パテアンクルート」の販売を会員限定で始めた。  放牧豚やエゾシカ、クマなどの肉を使った...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク