全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

「寒さ料」お返しします

温度計の前でキャンペーンをPRする(右から)イノブータン大王、キララ王妃、すさみん=30日、すさみ町周参見のJR周参見駅で

 すさみ町観光協会は2月、恒例のキャンペーン「寒さ料お返しします」を展開する。毎日午前7時にJR周参見駅(すさみ町周参見)の気温計を協会職員が確認し、1度未満なら、前日からの宿泊客に次回の宿泊半額券を贈る。協会に加盟する民宿やホテルなど6施設が対象。  同駅では30日、町のパロディー国家イノブータン王国の大王やキララ王妃、第一王子すさみんが登場し、キャンペーンをPRした。  職員が確認した気温は、協会のホームページなどに掲載する。半額券は1泊2食付きで、同じ施設で使える(有効期間は7月末まで)。  協会によると、これまでに基準を下回ったのは2001年2月17日と12年2月3日。計264人に「寒さ料」を渡した。昨年は2月15日の2・5度が最も低い記録だったという。  協会副会長の坂本信也さんは「今年は寒い日が続いているので、温暖なすさみでも1度を下回ることがあるかも」とアピールしている。

関連記事

長野日報社

車中泊旅行の増加期待 下諏訪町赤砂崎公園に電源設置

長野県下諏訪町は、同町赤砂崎公園右岸広場駐車場にキャンピングカー向けの電源設備4基を設置した。3密を避けて旅行ができる車中泊旅行者の増加につなげようと、新型コロナウイルス感染症対応の地方創生臨...

無観客の「豊橋鬼祭」始まる

 国の重要無形民俗文化財「豊橋鬼祭」が10日、豊橋市八町通3の安久美神戸神明社で始まった。新型コロナウイルス対策で、神社内のみでの無観客開催となった。  初日は宵祭で、青鬼出動と岩戸舞。午前1...

児童が「エゴマだんご」開発

設楽名倉小5年生7人  設楽町立名倉小学校の5年生児童7人が、稲作地帯をアピールするため、和菓子「エゴマだんご」を開発した。地元で栽培されるエゴマを、あんや皮に使う。13日から3月31日まで、...

コロナの冬もぬくもりとよろこびを おびひろ氷まつり 29日開幕

 帯広三大祭りの一つ「第58回おびひろ氷まつり」(帯広のまつり推進委員会主催)が29日、JR帯広駅北側の「夢の北広場」など3会場で開幕する。氷彫刻の制作は大詰めを迎え、バイクや天使、エンゼルフ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク