全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

わかやま文化祭盛り上げよう 広報キャラバン出発

「紀の国わかやま文化祭2021」をPRするラッピングカーの前で意気込みを見せる「すみたに」(中央2人)や本谷紗己さん=県庁で

 来年10月30日~11月21日、和歌山県内各地で130以上の文化イベントが開かれる「紀の国わかやま文化祭2021」(国民文化祭、全国障害者芸術・文化祭)に向け、機運を盛り上げようと「広報キャラバン隊」が4日、県庁を出発した。専用ラッピングカーが県内全域を回り、PRする。

 「広報キャラバン隊」隊長に任命されたお笑いコンビ「すみたに」は、仁坂吉伸知事に対して「一人でも多くの方に『紀の国わかやま文化祭2021』を知っていただけるよう、また来年盛大に開催できるよう、大役を果たしていきたい」と決意表明。ラッピングカーに乗り込み、県庁前を出発した。
 県はこの日、会員制交流サイト(SNS)などを使って、文化祭の情報などを発信してもらう「スペシャルインフルエンサー」に和歌山市出身のモデル本谷紗己さんを任命。仁坂知事が県庁で「委嘱状」を手渡した。本谷さんは「継承していくべき和歌山の文化はたくさんあるので、県内の人はもちろん、県外の人にも伝えていきたい」と話した。本谷さんのほか、和歌山市出身の声優中島由貴さんにも後日、委嘱する。
 県などは、文化祭をPRするため、さらに三つの「プロジェクト」を実施する。保育所や小中学校などで作ってもらった折り鶴で、県のキャラクター「きいちゃん」のアートを作る「折り鶴プロジェクト」▽県内文化関係団体が小中学校などで華道や茶道、狂言などの文化を披露する「出前体験プロジェクト」▽「すみたに」らが県内に文化祭ポスターを2021枚張る「ポスター2021プロジェクト」。

関連記事

荘内日報社

「芸術の秋」を堪能 サカタアートマルシェ イベント多彩に

 音楽や美術、伝統芸能などさまざまなジャンルの芸術文化に触れ合う「サカタアートマルシェ2020祈りと希望」の一環で21、22の両日、会場となっている酒田市飯森山三丁目の市美術館、出羽遊心館で多くの芸術文化...

秋の味覚 車中から 大正メークインまつり代替販売 帯広

 大正メークインのドライブスルー即売会「帯広大正メークイン収穫感謝市」(JA帯広大正主催)が22日、同JA農産センター(帯広市大正本町東1)で開かれた。多くの地元客らが、十勝を代表する秋の特産...

幸運呼ぶダブルレインボー♪ ティンダバナから大きく弧描く

 【与那国】与那国祖納で21日早朝、ティンダバナからくっきりと弧を描く虹が確認された。ティンダバナの部分は、幸運を呼び込むとされるダブルレインボーだった。  祖納地区の南西部にびょうぶのようにそ...

長野日報社

「視覚障がい者マーク」優しく見守って

プレス金型加工のキャムソン(諏訪市中洲)を経営する酒井克己さん(79)が、視覚障がい者であることを周囲に知らせるマークを開発し、バッジも製作した。自身も視覚障がい者である酒井さん。「マークが多...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク