全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

ハクセキレイ子育て奮闘中【浜中】

 

残る卵を温める親鳥の右脇から顔をのぞかせるひな(21日)

 町立茶内小学校(飯屋崎修校長・児童数107人)校舎内の中庭に野鳥のハクセキレイが巣を作り20日、ひながふ化したのが確認された。四方をガラス窓に囲まれ、キツネなどの天敵や自動車が侵入できない好立地で始まった子育てを同校関係者が温かく見守っている。

 今月8日、同校管理人の男性(63)が約70平方㍍の中庭の角にある散水栓のくぼみの中で卵5個が入っている巣を発見。直径十数㌢、深さ約10㌢で枯れ草や小枝を使いきれいな円形になっている。卵は17日、外部侵入の痕跡がないにも関わらず3個に減っていたが、20日朝にはひな1羽と卵1個を確認した。

 ふ化以来、親鳥は餌を与えたり残る1個の卵を温めたりするため、数分間隔で巣を行ったり来たりしているが、人の気配があると用心深く近寄らない。中庭はほとんど人の出入りもないが、同校では親鳥を警戒させないよう、児童に声を上げずに観察するよう呼び掛けている。伊藤善一教頭は「校内に巣が作られたのは初めて。外敵が入れない良い場所を選んだと感心した。ひなの成長とともに児童に命の大切さが伝われば」と話す。

 ハクセキレイは、日本やロシア沿海地方、中国東北部などに生息する留鳥または夏鳥。体長は20㌢程度で黒、白、灰の羽色で長い尾羽が特徴。岩場などの低地のほか民家などの建物にも営巣することが知られているが、ひなを間近に見られるのは珍しいという。  同校ではホームページに成長の様子を載せる計画。ひなは、順調なら来月にも巣立ちを迎える。

関連記事

紀伊民報社

大規模演習で防災力確認 熊野川河川敷に600人参加

 和歌山県新宮市の熊野川河川敷で28日、総合水防演習があった。国土交通省や県、周辺自治体のほか、警察や消防、自衛隊などから約600人が参加し、いざという時の対応策を確認した。  紀伊半島大水害(...

荘内日報社

「し のたまわく……」 御隠殿に元気な声響く 鶴岡・少年少女古典素読教室

 「しのたまわくまなんでしこうしてこれをじしゅうす(子曰学而時習之)」―。旧庄内藩校「致道館」の学風を受け継ぎ、半世紀を超えて続く「少年少女古典素読教室」の本年度開講式が28日、鶴岡市の致道博物館内の...

足湯に漬かってワンちゃん満足 十勝川温泉ドッグラン

 「道の駅ガーデンスパ十勝川温泉」(音更町十勝川温泉北14)の外庭に、モール温泉を利用して整備された、全国初の犬の足湯付きドッグランが28日にオープンした。  この日は午前10時のオープン後...

舟こぎ競争、3年ぶり開催へ 奄美まつり パレード、八月踊りは見送り

 鹿児島県奄美市の奄美まつり協賛会(会長・安田壮平奄美市長)の2022年度総会が27日、奄美市役所会議室であり、今年の「第59回奄美まつり」は規模を縮小して8月5、6の両日に開催する方針を固めた...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク