全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

幻想的に輝く氷像群「ブルーウェーブ」初登場 支笏湖氷濤まつり開幕

色とりどりにライトアップされた会場=25日午後5時ごろ、本社ドローンで関係各省の許可を得て撮影

 2018千歳・支笏湖氷濤まつり(支笏湖まつり実行委主催)が26日、千歳市支笏湖温泉の第5駐車場を会場に開幕した。40回目の節目を迎えた会場には大小の氷像30基が立ち並ぶ。日中は陽光を浴びて淡い青の輝きが美しい「支笏湖ブルー」の風情を見せ、夜間は照明にライトアップされた幻想的なムードで入場者を魅了する。厳冬の湖畔を彩る氷の祭典が始まった。2月18日まで開催。

 氷像群は、10年連続で水質日本一の栄誉を受けた湖水を噴霧して制作した。場内を一望できる展望台の「ブルーシャトー」や「苔(こけ)の洞門」、「氷の水族館」などがそびえる。子供たちに人気の滑り台「アイススライダー」もお目見えした。

 新たな氷像は「支笏湖ブルーウェーブ」。トンネルのようになった荒波の内部にできる「チューブ」をイメージし、自然の力強さを再現。昨年も好評だった「支笏湖ブルーの池」は今年、棚田のようになった複数の池が印象的なトルコの世界遺産「パムッカレ」をイメージしたデザインとなった。

 会場には休憩所や温かい食べ物と飲み物を購入できる売店も開店。期間中は土日祝日を中心にステージイベントも予定する。

 準備に当たって、実行委会場制作管理部のメンバー13人が昨年11月中旬から氷像の骨組みを始め、12月下旬から散水作業を展開した。

 年末までに強風で骨組みが倒壊したほか、年明け後も暖気と雨で氷が解けて制作が遅延。開幕前日となった25日夜も整地と照明の取り付け作業を急いだ。同部の小林典幸部長は「ここ三十数年間で、こんなに苦労して作業した年はなかった」と振り返り、「開幕直前まで水を掛けたのできれいな氷ができた。光の通りが良く、会場全体が明るく見える」と美しさに太鼓判を押す。

 2月21~25日には開始40周年を記念し、「青の祭」も開催。白を基調とした照明で氷像を内側から照らし、支笏湖ブルーの世界を演出する。週末は花火も打ち上げる。  開場時間は午前9時から午後10時。ライトアップは午後4時半~同10時。問い合わせは支笏湖まつり実行委員会 電話0123(23)8288。

 ◇27日の行事予定

 ▽午前11時、オープニングセレモニー▽同30分、千歳和太鼓オンステージ▽午後0時30分、じゃがポックルプレゼント▽同2時、フラワープレゼント▽同4時、メカタ選手権・切って削ってピッタンコゲーム▽同6時、キューバダンスショー▽同30分、冬の支笏湖・花火の世界

関連記事

紀伊民報社

地蔵の顔欠け「かわいそう」 「百間ぐら」で風化か

 世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」に登録されている熊野古道「小雲取越」の途中にある和歌山県田辺市本宮町の名所「百間ぐら」で、道沿いにある地蔵の顔が欠けた状態になっている。風化によるとみられるが...

小中学校 「ふっこう応援給食の日」 能登牛カレーに舌鼓  白老

白老町の小中学校で11日、石川県のブランド牛「能登牛」を使ったビーフカレーが給食に提供された。白老牛銘柄推進協議会(岩崎考真会長)が能登半島地震の被災地支援のため購入した牛肉。町教育委員会(しらお...

忠類から詐欺撲滅! ボランティア団体「どんとこいの会」結成

 幕別町忠類で、地元建設会社とシニアクラブが詐欺撲滅を目指すボランティア団体「詐欺撲滅団 忠類どんとこいの会」を結成した。帯広署管内でSNS詐欺防止のボランティア団体がつくられるのは初めて。同署忠...

荘内日報社

“郵便のお仕事”興味津々 松原保育園児が鶴岡郵便局訪問

 鶴岡市宝町の市立松原保育園(齋藤功園長、園児115人)の園児たちが11日、同市山王町の鶴岡郵便局(藤井泰局長)を訪問し、仕分けや押印など郵便業務を見学した。  園児たちが大好きな郵便配達をテーマにし...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク