全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

むかわ竜やホッピーの縫いぐるみをネット販売 CFで予約受け付け中-M Dino

地域商社で販売する恐竜の縫いぐるみとキーホルダー

 むかわ地域商社「M Dino」(エムディノ、遠藤研二代表)は、穂別地区で発見されたハドロサウルス科の草食恐竜「カムイサウルス・ジャポニクス」(むかわ竜)をイメージした縫いぐるみを制作した。当面はインターネットで資金調達するクラウドファンディング(CF)「キャンプファイヤー」で予約を受け付けている。

 縫いぐるみは当初、道内最大規模の恐竜祭典「恐竜展2020」(6月20日~9月27日、北海道博物館)で販売する予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響でイベントそのものが中止となった。一般にお披露目する機会がなくなり、販路拡大の方法を模索していた。

 むかわ竜の縫いぐるみ(全長45センチ、幅16センチ、高さ21センチ)は、北海道大学総合博物館の小林快次教授が監修した。かわいらしい仕上がりだが、頭の突起や背中の膨らみなども細かく表現しており、「作りもしっかりとしたものになった」と担当者。ミニチュアのキーホルダーと合わせて50セット用意しており、価格は4455円で販売する。

 ほかに、むかわ竜のファンタジーバージョン(4257円)、穂別地区で発見されたクビナガリュウ「ホベツアラキリュウ」(愛称ホッピー)=(同)、ティラノサウルス(同)も各50セット取りそろえた。支援金は今後の町恐竜ワールド構想による地域経済の活性化、地域商社の運営資金として活用する。

 縫いぐるみは、横浜市の製造メーカーに委託し、恐竜展に合わせて準備していたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で納期が遅れたこともあり、発送は8月中旬になる予定。遠藤代表は「縫いぐるみだけではなく、むかわ町そのものに興味を持って足を運ぶきっかけになれば」と話している。

関連記事

荘内日報社

酒田・飛島 修学旅行先として脚光

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、小中学校の修学旅行が実施の有無も含め再検討を余儀なくされる中、行き先として本県唯一の離島・酒田市飛島が脚光を浴び始めている。当初は東京方面に出向く予定だった山...

紀伊民報社

わかやま文化祭盛り上げよう 広報キャラバン出発

 来年10月30日~11月21日、和歌山県内各地で130以上の文化イベントが開かれる「紀の国わかやま文化祭2021」(国民文化祭、全国障害者芸術・文化祭)に向け、機運を盛り上げようと「広報キャラ...

自然の中で政策考案 町長にプレゼン 芽室新採用職員

 今年度採用された町職員の研修が3、4の両日、めむろ新嵐山スカイパークで行われた。職員たちは、虫や鳥の鳴き声が聞こえる自然の中でまちづくり政策を考案。最後は手島旭町長にアイデアをプレゼンテーション...

宇部日報社

「オープンストリート宇部」好評

 飲食店が歩道にテラス席を設ける「オープンストリート宇部」が5日、市街地で始まった。市道の平和通り、寿橋通り、小串通りに面する17店舗が参加。初日はさっそく夜風に当たりながら会食を楽しむ人々の姿...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク