全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

むかわ竜やホッピーの縫いぐるみをネット販売 CFで予約受け付け中-M Dino

地域商社で販売する恐竜の縫いぐるみとキーホルダー

 むかわ地域商社「M Dino」(エムディノ、遠藤研二代表)は、穂別地区で発見されたハドロサウルス科の草食恐竜「カムイサウルス・ジャポニクス」(むかわ竜)をイメージした縫いぐるみを制作した。当面はインターネットで資金調達するクラウドファンディング(CF)「キャンプファイヤー」で予約を受け付けている。

 縫いぐるみは当初、道内最大規模の恐竜祭典「恐竜展2020」(6月20日~9月27日、北海道博物館)で販売する予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響でイベントそのものが中止となった。一般にお披露目する機会がなくなり、販路拡大の方法を模索していた。

 むかわ竜の縫いぐるみ(全長45センチ、幅16センチ、高さ21センチ)は、北海道大学総合博物館の小林快次教授が監修した。かわいらしい仕上がりだが、頭の突起や背中の膨らみなども細かく表現しており、「作りもしっかりとしたものになった」と担当者。ミニチュアのキーホルダーと合わせて50セット用意しており、価格は4455円で販売する。

 ほかに、むかわ竜のファンタジーバージョン(4257円)、穂別地区で発見されたクビナガリュウ「ホベツアラキリュウ」(愛称ホッピー)=(同)、ティラノサウルス(同)も各50セット取りそろえた。支援金は今後の町恐竜ワールド構想による地域経済の活性化、地域商社の運営資金として活用する。

 縫いぐるみは、横浜市の製造メーカーに委託し、恐竜展に合わせて準備していたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で納期が遅れたこともあり、発送は8月中旬になる予定。遠藤代表は「縫いぐるみだけではなく、むかわ町そのものに興味を持って足を運ぶきっかけになれば」と話している。

関連記事

紀伊民報社

防災用品の購入急増 地震発生であらためて危機感

 3日に和歌山県の田辺市などで震度4の揺れを観測する地震が発生したのを受け、紀南地方で防災用品への関心が高まっている。田辺市内のホームセンターでも在宅避難用グッズの購入が増えている。  田辺市...

荘内日報社

ハタハタ高値 台所を直撃 「大黒様のお歳夜」他の魚に代替えも 複雑な表情

 9日は「大黒様のお歳(とし)夜(や)」。庄内ではハタハタの田楽を食べる風習があるが、今年はハタハタ漁に異変が起きている。1月から10月までの水揚げは昨年と比べて半減。近年指摘されている高い海水温が原...

62年前の苫東高新聞を発見、現役局員は質の高さに驚き

苫小牧市王子町の私設文学館「斉藤征義の宮沢賢治と詩の世界館」で、1959(昭和34)年12月5日付の苫小牧東高新聞第40号が見つかった。2019年に78歳で亡くなった詩人の故斉藤征義さんは、同高O...

地域交通に暮らしの視点 国交省、コロナ後へ研究会 十勝バスもモデル

 国土交通省はアフターコロナ時代の地域交通の方向性を考える新たな研究会を立ち上げた。新型コロナウイルスの影響で旅客の輸送需要が減少する中、地域の足としてのセーフティーネットに加え、地域住民の暮らし...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク