全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

寒ざらしそば清流で仕込み 高遠そば組合

寒中の清流に玄ソバをさらす高遠そば組合の会員ら

 伊那市高遠町の高遠そば組合は22日、高遠藩が将軍家に献上した寒ざらしそばを清流に浸す仕込み作業を同市長谷の粟沢川で行った。2月5日に水揚げして寒風と紫外線にさらし、うまみを引き出す。

 江戸時代の古文書「大成武鑑」によると、高遠藩は「暑中信州寒晒蕎麦」を地元の名産品として献上していた。秋に収穫したソバを夏に江戸で食べるため、寒中の水と風にさらして風味と保存性を高めた。2013年に同組合が寒ざらしそばを復活させ、今年で6年目。

 同組合によると寒ざらしすることであくが抜け、甘みともちもちとした食感が引き出される。冷水がたんぱく質を洗い流して香りがなくなる一方、寒風がでんぷん質を糖化させて糖度を上げる。

 玄ソバは高遠町と長谷産の90キロ(600食分)を用意。寒風が吹き付ける中、組合員たちは玄そばを入れた網袋を水温2度の清流に浸し、流されないようにロープで固定した。伊藤亨組合長は「寒ざらしそばは各地にあるが高遠が発祥の地。高遠ならではのそば文化を全国に広めていきたい」と話している。

 寒ざらしそばは7月14~16日の3連休に加盟4店がそば粉十割で提供する。

関連記事

十勝産トウモロコシと生クリームのスープ 明治が販売

 明治(東京)は、十勝産のトウモロコシと生クリームを使った新商品「十勝産黄金のとうもろこしと生クリームで仕立てたコーンスープ」の販売を始めた。明治グループの日本罐詰(芽室)が製造、全国のスーパー...

「ロケットパン」開発で連携 満寿屋と大樹高生

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広、杉山雅則社長)は町内の小・中学生、高校生と協力して「ロケットパン」の開発を進めている。13日には杉山社長が大樹高校(青木祐治校長、生徒142人)を訪れ、生徒たちと...

豊橋のブランド梨「あきづき」食べ頃

 豊橋市小島町産のブランド梨「あきづき」が旬を迎え、JAあぐりパーク食彩村(豊橋市東七根町)の店頭に並んでいる。  秋に収穫され、月のように丸みを帯びている形から「あきづき」と呼ばれ、シャリ...

長野日報社

棚田米の「おいしい酒」期待 中川村大草で稲刈り

棚田が広がる長野県中川村大草の飯沼地区で7日、酒米・美山錦の収穫があった。棚田の保全に取り組む飯沼農業活性化研究会(坂下芳久会長)のほか、JA上伊那や村などの関係者ら約50人が参加。おいしい酒...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク