全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

諏訪湖ヒシ生育早め 県「今年は天候良く好条件」

早くも諏訪湖畔を覆っている諏訪湖のヒシ=諏訪市湖岸通り沖(許可を得てドローンで撮影)

 毎年、夏秋に諏訪湖岸を覆う浮葉植物の水草ヒシの生育が今年は早め。諏訪市湖岸通り沖の湖上では10日、葉を広げたヒシが湖面を覆い、上空から見ると、まるで緑色に染まったかのようだった。県水産試験場諏訪支場(下諏訪町)によると、「今年はこれまで天候が良く水温が高い傾向で、ヒシの生育には好条件になっている」とする。それでも繁茂面積は「ヒシが生えられそうな場所には生えきっている」ため、例年並みとなりそう。

 ヒシは成長の過程で水中や底泥中の栄養塩類を吸収するため、十分に育った時点で刈り取ると、水質浄化につながる。一方で景観の悪化が指摘されるほか、日光の遮断によって沈水植物の生育が抑制され、湖底の貧酸素化につながるなどの影響がある。同支場によると、昨年の繁茂面積は前年比2ヘクタール増の165ヘクタールで湖の面積の約12%を占めた。例年は6月上旬ごろから湖面に広がり始めるが、今年は5月下旬ごろには湖面に目立つようになっていた。

 同支場によると、現段階の生育は早めだが、花が咲き、枯れる時期が早まるかどうかは分からないという。生育が早い分、刈り取りは早めの方が良さそうだが、県諏訪建設事務所によると、入札など必要な手続きが例年通りのため、作業開始も例年通りで7月下旬ごろとなる見通し。今年も大型、小型の水草刈り取り船を導入して、十分に育ったヒシを刈り取る予定だ。

 7月上旬に諏訪湖に関わる官民組織「諏訪湖創生ビジョン推進会議」のメンバーが舟に分かれて乗り、諏訪市の初島周辺で行う手刈りは、新型コロナウイルスを考慮し、舟上での密集を避けるため、参加者を抑制して実施。参加者は胴長を着て陸上から湖に入り、可能な範囲で行う方針だ。

 昨年は水草刈り取り船によるヒシ除去量(湿潤)が515・2トン。7月上旬から中旬に諏訪市、岡谷市で行われた官民協働の手刈りによる除去を含めた総量は526・7トンだった。今年も諏訪湖の総合計画「諏訪湖創生ビジョン」に示された年間刈り取り目標の510トン以上を目指している。

関連記事

荘内日報社

鶴岡東 初戦 青森山田

 県高校野球大会2020(県高野連主催)は1日、中山町の荘銀・日新スタジアムで決勝が行われ、鶴岡東が優勝した。コロナ禍のため例年とは違う形態の夏の大会だったが、余裕のある試合運びで東海大山形を9―4で下し...

紀伊民報社

チョウトンボ飛び回る

 夏本番を迎え、水生植物で水面が覆われたため池などで、金属色の羽が美しいチョウトンボがひらひらと飛び回っている。  チョウトンボは全長4センチほど。和歌山県田辺市内のため池では、雄が水辺の枝先な...

生きた魚と伝統に感動 児童が追い込み漁体験 大和村今里集落

 鹿児島県奄美大島の大和村立今里小学校(中村利之校長)の全校児童7人は2日、集落の海で追い込み漁を体験した。教職員と保護者のほか、集落の青壮年団員や中高生らも協力し、大小合わせて50匹以上の魚を...

食やスポーツ 事業展開 「アスリートファーム」設立 MTB・山本選手

 自転車マウンテンバイクで来夏の東京五輪日本代表が決まっている幕別町出身の山本幸平選手(34)=ドリームシーカーレーシングチーム-国際自然環境アウトドア専門学校、帯農高出=は、自らが個人事業主を務...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク