全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

安平の吉田牧場、競走馬の生産終了 テンポイントなど名馬を輩出

競走馬の生産を終了する吉田牧場の吉田代表。期待の競走馬に手をやり「これからが楽しみ」と話す

 1977年に春の天皇賞と有馬記念を制したテンポイントなど数多くの名馬を輩出した安平町の「吉田牧場」(早来富岡)が、競走馬の生産を終了することを明らかにした。代表を務め、元騎手でもある吉田晴雄さん(76)の高齢による体力の衰えや後継者不在、4月に発生した火災で繁殖用の牝馬が全て焼死したこともあって、決断に至った。

 吉田牧場は1897(明治30)年に現在の場所で創業し、国内有数の120年余りの歴史を誇る。主な生産馬には1966年桜花賞馬のワカクモ、その産駒で「流星の貴公子」と呼ばれて人気を博したテンポイント、障害重賞5勝のキングスポイント、95年の香港国際カップなどを制したフジヤマケンザンがいる。30年ほど前の最盛期だった頃は100頭くらいの馬がおり、「サラブレッドも増えたが、全く駄目だった年もある」と懐かしそうに振り返る。

 しかし、近年は代表自身が持病を抱え、頭数を減らしていた。さらに今年4月2日には火災で木造2階建て厩舎(きゅうしゃ)が全焼。中にいた繁殖用の牝馬5頭が焼け死んだ。「家から少し離れている場所にあって、駆け付けた時には柱もなくなっていた。残ったのは屋根の鉄板とボルトだけだった」と複雑な思いを語り、「私も年だし、病気も持っている。いいところじゃないかな」と踏ん切りを付けた。

 現在競走馬として育てている5頭の1歳馬のうち、4頭はサマーセールとオータムセールに上場し、残る1頭は吉田牧場の所有馬として美浦(茨城県)の菊川厩舎に預ける予定。功労馬として繋(けい)養するアブクマポーロやスティールキャストなど4頭は「最後まで面倒を見る」ことにしている。

 吉田代表は、巣立った1歳の競走馬たちが「走る姿を夢に描きながら、これからの老後を楽しみたい」と優しい笑顔を見せる。

関連記事

ネオワイズ彗星を初撮影 石垣島天文台 堀内研究員が雲間から捉える

 石垣島天文台は7日、ネオワイズ彗星(すいせい)の撮影に成功した。同彗星は2020年3月27日、NASAの赤外線天文衛星NEOWISE(ネオワイズ)によって発見された彗星。7月頃、明け方の空で明るく...

長野日報社

学習就労支援を開始 駒ケ根市がIBMのプログラム活用

 駒ケ根市は7日、日本アイ・ビー・エム(IBM)が提供する社会貢献プログラム「SkillsBuild(スキルズビルド)」を活用した学習就労支援を始めた。市内に開設している駒ケ根テレワークオフィ...

荘内日報社

来年2月1-2日「王祇祭」史上初の中止

 鶴岡市黒川地区に長く伝わる黒川能(国指定重要無形民俗文化財)の「王祇祭」が来年中止されることが明らかになった。6日、春日神社の難波玉記宮司(77)から能役者をはじめ関係各所に通知された。毎年2月1~2...

群島在住者は観覧料100円 奄美パーク、島々の自然文化知る機会に 奄美市..

 鹿児島県奄美市笠利町の県奄美パークは4日、奄美群島在住者限定で観覧料の減額を始めた。地元住民に改めて奄美の自然や民俗、芸術などの魅力に触れる機会を提供する。8月31日まで。  同施設は来年で...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク