全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

安平の吉田牧場、競走馬の生産終了 テンポイントなど名馬を輩出

競走馬の生産を終了する吉田牧場の吉田代表。期待の競走馬に手をやり「これからが楽しみ」と話す

 1977年に春の天皇賞と有馬記念を制したテンポイントなど数多くの名馬を輩出した安平町の「吉田牧場」(早来富岡)が、競走馬の生産を終了することを明らかにした。代表を務め、元騎手でもある吉田晴雄さん(76)の高齢による体力の衰えや後継者不在、4月に発生した火災で繁殖用の牝馬が全て焼死したこともあって、決断に至った。

 吉田牧場は1897(明治30)年に現在の場所で創業し、国内有数の120年余りの歴史を誇る。主な生産馬には1966年桜花賞馬のワカクモ、その産駒で「流星の貴公子」と呼ばれて人気を博したテンポイント、障害重賞5勝のキングスポイント、95年の香港国際カップなどを制したフジヤマケンザンがいる。30年ほど前の最盛期だった頃は100頭くらいの馬がおり、「サラブレッドも増えたが、全く駄目だった年もある」と懐かしそうに振り返る。

 しかし、近年は代表自身が持病を抱え、頭数を減らしていた。さらに今年4月2日には火災で木造2階建て厩舎(きゅうしゃ)が全焼。中にいた繁殖用の牝馬5頭が焼け死んだ。「家から少し離れている場所にあって、駆け付けた時には柱もなくなっていた。残ったのは屋根の鉄板とボルトだけだった」と複雑な思いを語り、「私も年だし、病気も持っている。いいところじゃないかな」と踏ん切りを付けた。

 現在競走馬として育てている5頭の1歳馬のうち、4頭はサマーセールとオータムセールに上場し、残る1頭は吉田牧場の所有馬として美浦(茨城県)の菊川厩舎に預ける予定。功労馬として繋(けい)養するアブクマポーロやスティールキャストなど4頭は「最後まで面倒を見る」ことにしている。

 吉田代表は、巣立った1歳の競走馬たちが「走る姿を夢に描きながら、これからの老後を楽しみたい」と優しい笑顔を見せる。

関連記事

十勝200キロ走破に挑戦 トカプチ400の一部走行 「ブルベ」

 超長距離サイクリングイベント「ブルベ」を企画するオダックスジャパン北海道(札幌)は17日、十勝を舞台に「ブルベ十勝200」を開いた。帯広を発着点に広尾など9市町村、約200キロを走るイベント...

長野日報社

2年ぶりイルミ輝く 長野県南箕輪村の大芝高原で「フェス」開幕

 長野県南箕輪村の大芝高原で16日、秋空を彩る「第16回大芝高原イルミネーションフェスティバル」(同実行委員会主催)が始まった。昨年は新型コロナウイルス感染症の影響で中止したため、2年ぶりの開催。...

市立図書館 車両稼働を記念し 「こっかあら号」公開

 新移動図書館こっかあら号稼働記念として移動図書館展を開いている石垣市立図書館は16日、関連イベントとして同館前で「こっかあら号」を市民に特別公開した。  同企画は移動図書館の巡回コースに入って...

北羽新報社

天空の不夜城デザイン 能代駅で「駅カード」配布

 JR秋田支社は、16日から能代駅を含む3駅で「駅カード」の配布を開始した。駅情報や人気の列車の絵などを盛り込んだデザインで、今回が第5弾。改札口で受け取ることができる。配布期間は来年2月27日まで...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク