全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

夢膨らむドジョウ復活 茅野の玉川山田プロジェクト活動

 栄養価の高いドジョウで地域おこし―。茅野市玉川山田区の住民有志が「玉川山田どじょうプロジェクト」に取り組んでいる。山田の歴史にまつわるドジョウを復活させ、ゆくゆくは茅野の名物にしたい考え。4月28日には、八ケ岳を望む区内の休耕田に造った飼育用の蓄養池に堰の水を引き込んだ。今月中旬にはビニールハウスをかけ、下旬に稚魚を放流する予定。まだ試験段階ではあるが、8~9月には試食ができる見込みで、メンバーは初めてのドジョウ料理を楽しみにしている。

 八ケ岳山麓は、今から200年以上前に坂本養川によって開削された農業用水路が大地を潤す。山田周辺には大河原堰の上堰が通り、穴山、菊沢、子の神、上北久保、北久保、両久保へと流れて行く。毎年4月29日には、山田区が堰元となり、七つの地域で一斉に堰上げ(掃除)を実施。作業が終わると山田公民館に各区長が集まって慰労会となり、昔は「どじょう祭り」と称し、田んぼのため水にいたドジョウを料理して堪能したという。近年、ドジョウは減っているという。

 同プロジェクトのメンバーは50~60代の男性9人。ドジョウ復活を望む声は前からあったが、飼育場所の確保など課題があり、個人での活動は難しく昨年10月、賛同する仲間が集まってプロジェクトを始動。12月には重機で土を掘り始め、ドジョウの特性なども調べてきた。

 池は、地面を幅12メートル、奥行き3メートル、深さ1・2メートルに掘り、コンクリートブロックで3部屋に仕切った。成長段階に分けて育てる予定で、砂を敷いてから「マドジョウ」を放流する。餌となるミジンコを発生させるために鶏糞(けいふん)をまき、足りない分は金魚などに使われる配合飼料を使用。雨で逃げ出す習性があるために池の外周にビニールシートを敷く。ビニールハウスは、ヤゴがドジョウを食べてしまうトンボの産卵を防ぐ目的もある。

 ドジョウは低カロリー・高たんぱくで、カルシウムやビタミン群が豊富だという。メンバーは早くも、「阿弥陀(岳)から流れ出る湧水で育った“玉川阿弥陀どじょう”」のキャッチフレーズも考え、夢は膨らむ。守屋浩治代表(66)は「時間はかかるが休耕地の活用や地域の活性化にもつながる。仲間で資金と知恵と動力を出し合いながら進めていきたい」と話している。

関連記事

荘内日報社

酒田東高 海岸清掃活動通じて 「海ごみ」考える

 県立酒田東高校(大山慎一校長)の2年生164人と教職員が25日、酒田市の宮海海岸で清掃ボランティアを展開、気温が上昇し、海よりの風もほとんどない中、生徒たちは額に汗しながら打ち上げられたごみを拾い集め...

スズメバチの巣、節足動物が越冬に利用 古澤さんと岡宮さん論文が海外学術誌に..

苫小牧市高丘の北大苫小牧研究林内で冬季、スズメバチの巣が、クモなど他の生物の越冬に利用されている可能性が高いことが分かった。北大大学院博士後期課程2年の古澤千春さん(26)と同研究林学術研究員の岡...

足湯付きドッグラン28日登場 道の駅十勝川温泉 全国初

 「道の駅ガーデンスパ十勝川温泉」(音更町十勝川温泉北14)の外庭に、モール温泉を利用して整備された、全国初の犬の足湯付きドッグランが28日にオープンする。  ドッグランは、広さ約490平方...

徳之島の宝守ろう 希少動植物紹介する下敷き 保護協議会が島内の学校に贈呈

 徳之島地区自然保護協議会(事務局・鹿児島県伊仙町役場きゅらまち観光課)は24日までに、島内の小中学生、高校生に自然環境保全の啓発を目的に製作した下敷き2660枚を贈呈した。同協議会は「環境保...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク