全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

道産マイワシ、高鮮度保持技術を研究【釧路】

 

釧路港に水揚げされるマイワシ(昨年9月)

 釧路水産試験場は、中小型漁船で漁獲された道産マイワシの消費拡大に向けた高鮮度保持技術開発の研究を今年度から行う。道東を中心にマイワシの水揚げ量が増加しているが、イワシは鮮度低下が早いことから食用での利用が進んでいない。そこで漁業者や流通関係者が活用できる鮮度指標の作成や、漁獲から消費地に輸送する間の鮮度を保つ技術を確立し、マニュアルを作成する。研究期間は2022年度まで。

 近年、道東沖にマイワシの漁場が形成されていることから漁獲量が急増しており、釧路管内の港における19年の水揚げ量は前年より8割多い約13万7000㌧となった。しかし道内で水揚げされるマイワシのほとんどが単価の安いミール(家畜の飼料)向けに加工され、食用は1割に満たない。漁業者の収益を向上させるためには、食用の消費拡大が必要だ。

 道東産マイワシは太平洋沖で餌を探して回遊中に漁獲するため脂の乗りが良く、特に9~10月の盛漁期の脂肪量は、標準的なマイワシの2倍以上。釧路総合振興局が秋にマイワシフェアを開催するなどブランド化の取り組みが行われているが、消費拡大に向けては鮮度が課題となっている。

 釧路水試が昨年9月に釧路市内の飲食店約200店(回答約60店)に行ったアンケート調査では、マイワシを提供していない飲食店の多くが「鮮度低下が早いから」と答えている。イワシは皮が薄く肉組織が脆(ぜい)弱(じゃく)なため腹切れを起こし、死後の魚肉pH低下が早く、肉質が変化しやすい。また、脂肪量が多いため脂質変化が起きやすく魚臭の原因となる。一度に大量に漁獲され、大消費地から遠いことも鮮度保持の課題となる。

 道内産のマイワシは大型漁船による巻き網漁が主流だが、研究は、地元漁業者を支援する観点から、サケ・マスやサンマの代替漁として行われている中小型船による棒受け網漁を対象に行う。  これまで行った試験では、鮮度(K値)を測定したところ、漁船による違いや、同じ船の中でも個体によってばらつきがあることが分かった。また、凍結前の鮮度管理にこだわることで生食用冷凍商材の高品質化が実現できることが分かっている。今回の研究では、水揚げ直後や市場での鮮度測定、漁業者や市場関係者への聞き取り、飲食店などへのアンケートで鮮度の実態調査を行う。

 これにより、K値や魚肉pHなど科学的指標でマイワシの鮮度を「見える化」し、漁獲から水揚げまでの船倉の保管条件や産地市場から消費地までの輸送条件を検討。道産マイワシに適した鮮度保持技術を確立し、作成するマニュアルを漁業者や流通関係者に普及させ、ブランド化や道外への移出、輸出拡大を支援する。  釧路水試加工利用部の宮崎亜希子研究主幹は「漁業者や市場、飲食店関係者と密に連携し、マイワシの消費拡大に寄与していきたい」と話している。

関連記事

荘内日報社

避難所に段ボールベッド組み立て(鶴岡・大泉小)児童と保護者対象「防災体験..

 鶴岡市大泉地区の避難所に指定されている大泉小学校(奥田満哉校長、児童137人)で4日、全校児童と親を対象にした防災体験教室が開かれ、専門家による講話やワークショップ、避難所開設体験が行われた。 ...

紀伊民報社

「甘くて濃厚」と好評 作業所開発のミニトマトジュース

 和歌山県みなべ町の「なかよし福祉会」が運営する「なかよし作業所」が、地元の農家からミニトマトを仕入れて作るジュースが「甘くて濃厚な味でおいしい」と好評だ。障害者の就労を支援する団体が作ったカタ...

丸ごと120㍍移動 キャンプセンター曳家工事本格化  千歳モラップの支笏湖..

環境省北海道地方環境事務所は6日、千歳市モラップの支笏湖野営場で、「キャンプセンター」の曳家(ひきや)工事を公開した。建物を解体せずにそのままの状態で移動させる伝統的な建築工法。同省による曳家工事...

パイ生地で彩り鮮やか 豊頃のエレゾがシカやクマの限定テリーヌ

 食肉加工・飲食業のエレゾ社(豊頃町、佐々木章太代表)は、テリーヌをパイ生地で包んだフランスの伝統料理「パテアンクルート」の販売を会員限定で始めた。  放牧豚やエゾシカ、クマなどの肉を使った...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク