全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

茅野の飲食店応援チケット販売 10%プレミアム付き3種類

10%お得な「ちの飲食店応援チケット」をPRする飲食店関係者ら

 ちの観光まちづくり推進機構などでつくる実行委員会は1日から、茅野市内飲食店で利用できるチケットを10%のプレミアム付きで先売りする「ちの飲食店応援チケット Yell Yell Yell(エール・エール・エール)」の販売を始めた。誰でも購入できるチケットで、新型コロナウイルスの影響で厳しさを増す市内飲食店を応援してもらう。

 飲食店に当面の事業資金を確保してもらうとともに、終息後の早期の景気回復を図る。実行委は推進機構のほか、茅野商工会議所、市、茅野飲食店組合、チームちの飲食業協力組合、市内飲食店で構成する。

 チケットは1万1000円分(購入価格1万円)、5500円分(同5000円)、3300円分(同3000円)の3種類。当面はインターネット通信販売サイト「ハチカッテ」を通じて販売している。

 サイトでチケットの種類を選び、利用する店舗名や応援メッセージを記入して申し込む。クレジット決済かコンビニ決済で支払う。

 飲食店での利用は外出自粛要請などが解除された段階になる見込みで、改めて実行委事務局が利用開始日を発表し、チケットを発送する。利用期間は開始日から6カ月間。現時点で200店舗余が参加している。

 市は1日に専決処分した今年度一般会計補正予算に関連費用2500万円を盛った。

 茅野飲食店組合の伊藤和明組合長は「コロナの影響でこのままでは(経営が)大変なことになる。市民や別荘滞在者、事業者に協力をお願いしたい」。チームちの飲食業協力組合の篠原省一郎組合長は「商売は厳しくなっているのが現状。皆さんの力で盛り上げてほしい」と呼び掛けた。

問い合わせは事務局の同推進機構(電話0266・78・7631)へ。

関連記事

鹿追・然別湖コタン 今年は500円 入場に協賛金

 鹿追町や十勝の風物詩となっている冬のイベント「しかりべつ湖コタン」(実行委、鹿追町主催)が29日午前9時に開幕する。今回からイベント継続を目的に、入場する際の協賛金制度を設けた。  コタンは...

北羽新報社

医療用かつらに使って 能代市の小3男児がヘアドネーション

 病気などで脱毛などに悩む子どもたちの医療用かつらに役立ててもらおうと髪の毛を寄付する「ヘアドネーション」に興味を持ち、2年以上も髪を伸ばしてきた能代市向能代小3年の菅原凜君(8)=同市落合=...

海外の高校生と討論・交流 ディベート世界大会に初出場 大島高校英語部

 鹿児島県奄美市名瀬の県立大島高校英語部(脇本由里香顧問、部員18人)の2年生3人は21~22日、オンラインで開催された「第7回PDA高校生パーラメンタリーディベート世界交流大会」に出場した。1...

長野日報社

「わらいずみ」注文続々 長野県飯島町の南信州米俵保存会に

 大相撲の土俵をはじめわら細工を幅広く手掛ける長野県飯島町の南信州米俵保存会に、ミシュランに掲載される東京のすし店などから特別注文が相次いでいる。特注品は本来炊いた飯を保温するために使うかご「...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク