全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

スタンプラリーが始動 「利用者増えてほしい」 飲食業26店舗登録

 新型コロナウイルスの影響で規模縮小を余儀なくされた飲食業界を盛り上げる石垣市の企画「お家でごはん・期間限定わくわくスタンプラリー」が27日からスタートしている。市によると28日時点で登録店舗は26件。飲食店関係者は「スタンプラリーで利用者が増えてほしい」と効果を期待している。

 28日、申し込みに来た居酒屋経営の40代男性は「新型コロナの感染拡大で客が減った。e|shareから電動バイク1台を借りて5月からデリバリーを始める。少しでも売り上げを伸ばしたい」と話す。「スタンプラリーのわくわく感をプラスして、利用者が増えてほしい」と願った。

 スタンプラリーをすでに導入・活用している店舗もある。スペイン料理屋ハイビスキャット(鍋倉大店長)では持ち帰りのみでパン、パエリアを販売。商品購入者にスタンプを手渡してスタンプラリーをPRする。

 同店も、他の飲食店と同じく4月から予約が減少。なかには予約の有無を確認し、予約があると来店しない客もいたという。

 鍋倉店長は「この近くでスタンプラリーをしている店は少ない。飲食業に限らず、食料品、販売店も参加すると盛り上がるだろう」と多くの店舗が参加する必要性を述べた。

 同企画は商品の持ち帰り、配達販売を目的とする参加店舗にスタンプシール1000枚(10万円相当)を無償配布し、購入者を対象に抽選会を行うもの。抽選会では石垣島産牛肉や往復航空券など総額100万円の景品が当たる。

 石垣市は市役所1階ロビーに受け付けブースを設置、参加店舗を募集している。スタンプラリーの期間は当面5月末まで。

関連記事

帯広の森50年 後世へ シンボルツリーを植樹

 「帯広の森」の造成開始から50周年を迎え、記念植樹と森づくりの集いが19日、市内の帯広の森で行われた。市民ら約100人が見守る中、米沢則寿市長や歴代市長らは新たなシンボルツリーとなるハルニレ...

ニューヨークで奄美をPR NY奄美会、ジャパンパレードに出演

 米ニューヨーク・マンハッタンで11日、日米友好イベント「ジャパンパレード」が開かれ、鹿児島県の奄美群島出身者らでつくるニューヨーク奄美会(栄秀吉会長)が奄美代表として出演した。同会メンバーや奄...

長野日報社

入笠山に夏シーズン 開山祭、山頂「最高の景色」 長野県

 長野県富士見町と伊那市にまたがる入笠山(1955メートル)の開山祭が18日、御所平峠近くの登山口で行われた。両市町の関係者約100人が出席。神事の後、諏訪市を拠点に活動する諏訪アルプホルンクラ...

北羽新報社

花嫁行列あでやか、見物客を魅了 能代市の日吉神社「嫁見まつり」

 能代市御指南町の日吉神社(平賀優子宮司)の伝統行事「嫁見まつり」は18日に行われた。県内外から参加した女性4人が色打ち掛けを羽織って新緑に包まれた参道を静々と歩き、見物客を魅了した。境内では飲食...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク