全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

参観日にパーティー 原小4年1組が角寒天作り

角寒天を一から手作りし、学校のベランダに生天を並べる原小4年1組の児童

長野県原村の原小学校4年1組(牛山あゆみ教諭、32人)は今年度の総合的な学習で、角寒天作りに取り組んできた。18日には5回目となる「天出し」作業を行った。今後、天候や寒天の乾燥具合を見ながら10日間ほど天日干しし、乾燥した角寒天に仕上げる。

子どもたちは、諏訪地方の特産である角(棒)寒天を自分たちで手作りし、寒天を使った料理を作って「寒天パーティー」を開くことを目標に学習を進めてきた。

昨年12月からは、寒い天候を利用した角寒天作りに取り掛かった。インターネットなどで作り方を調べて作った試作品は乾燥し過ぎて失敗。12月末には五味喜一商店(茅野市)を訪問し、専門家からアドバイスをもらった。

今年1月の4回目の試作では寒波も味方してようやく思い描いた角寒天に仕上がった。今回は寒天作りの最後で、17日に原料のテングサを煮出し、布でこしてゼリー状の生天を作った。18日朝は生天を棒状に切り、ベランダに敷いた網の上に並べた。

青木空廉君と篠原悠斗君は「寒いほどいい寒天ができるので冷え込んでほしい」「参観日に開く寒天パーティーではこれまでの勉強を生かしておいしい料理を作りたい」と、28日の参観日に向けて意欲を見せていた。

関連記事

長野日報社

直売所の味を全国へ 八ケ岳農業実践大が通販サイトオープン

八ケ岳中央農業実践大学校(原村)で製造・販売されている加工品を専門に扱う通販サイトがオープンした。同校オリジナル商品のアイスクリームやヨーグルト、卵などをインターネット上で購入できる。新型コロ...

長野日報社

豚肉ソーセージ試作 上伊那農業高校畜産班が新商品開発へ活動

上伊那農業高校(南箕輪村)の畜産班が、鹿肉や地場産牛肉などを使った新商品の開発に向けて活動を始めた。22日は基礎学習のための実習を同校で行い、生徒らが豚肉を使ったソーセージを試作。校内にある機...

東京で「牧草ロール」 新作を発表 満寿屋商店

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広市、杉山雅則社長)は18日午前、新商品のクロワッサン「牧草ロール」を発表した。25日にオープンする東京都内の自由が丘・東急フードショースライス店のみで販売する。...

芽室産原料で新ワイン 20日から販売

 めむろワイナリー(尾藤光一代表)は12日、芽室産ブドウ100%使用の2019年産の新作ワイン「大地の序章」と「豊穣(ほうじょう)の序章」を発表した。大地の-は20日から数量限定で販売する。 ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク