全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

二俣瀬小に新体育館

木村さん(右)の行司で力士と相撲を楽しむ児童たち(二俣瀬小体育館で)

 二俣瀬小(久保田智子校長、35人)の新体育館「日吉の森アリーナ」の竣工(しゅんこう)記念式典と記念行事の大相撲二俣瀬場所が16日、同体育館で行われた。卒業生や地域住民、工事関係者ら約200人が完成を祝った。

 記念式典では、記念事業実行委員会委員長の藤井佑治さん、育友会長の水嶋達也さんらがあいさつ。児童代表の山村優奈さん(6年)が「前の体育館よりも広くなっていい。大切に使います」と謝辞を述べた。

 記念行事はステージ下に土俵を仕立て、児童が囲むようにして二俣瀬場所が開幕。東岐波小・中出身の高砂部屋幕下格行司、木村(本名前田)悟志さん(31)が「真面目にコツコツで、はっけよい―夢をかなえる」をテーマにミニ講話。「もともと大リーグの審判になりたかったので英語の勉強を頑張ったが、視力などの基準が厳しいため断念した」と、少年時代に憧れた審判員への思いを打ち明けた。

 もう一つの夢が相撲の行司。欠員1人の情報が入り、二度と来ないチャンスだからと、高校卒業を待たず2年の3学期で中退し、相撲部屋に入門したという。「相撲は礼儀に始まり、礼儀に終わる。しゃがんだ状態で礼をする、そんきょの大切さも知ってほしい」と、子どもたちに呼び掛けた。

 呼び出しの利樹之丞さんが清めの「寄せ太鼓」、早朝に鳴らす「一番太鼓」などを実演。朝鬼神と朝虎牙の巨漢2力士による取組もあり、股割りも披露。木村さんの仕切りで児童が力士に挑戦、相撲を楽しんだ。

関連記事

長野日報社

諏訪湖のワカサギ守れ 舟で魚食性鳥類追い払い 長野県諏訪市

魚食性鳥類から諏訪湖の水産資源のワカサギを守ろうと、諏訪湖漁業協同組合や県などでつくる諏訪湖漁場活性化協議会が舟を使った追い払いを続けている。来春の採卵事業で十分な魚卵を確保するため、同漁協組...

荘内日報社

庭園に浮かぶ光の映像 幻想的な世界演出 鶴岡「玉川寺」プロジェクションマッ..

 鶴岡市羽黒町の玉川寺で4、5の両日、光の映像「プロジェクションマッピング」が行われた。  冬の誘客を図ろうと県庄内総合支庁地域産業経済課と庄内観光コンベンション協会、玉川寺の3者がタイアップ...

紀伊民報社

木熟ミカンの収穫始まる

 田辺・西牟婁で栽培されている早生温州ミカンのJA紀南のブランド「木熟みかん」の収穫が始まった。実を木にならしたまま熟度を高めるのが特徴で、早生温州ミカンのうち一定の糖度以上を木熟みかんとして出...

恐竜フェスタ にぎわう AR、VRで むかわ竜再現 記念撮影に長い列

むかわ町が恐竜を前面に出してまちをアピールするイベント「恐竜フェスタ」が4、5両日、同町道の駅「四季の館」をメイン会場に開かれた。AR(拡張現実)技術を使い、スマートフォンの画面で「カムイサウルス...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク