全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

どじょうすくい踊り続けます 木下一朗さん

人を喜ばせたい―と、自己流の「どじょうすくい踊り」を続ける木下一朗さん

原村菖蒲沢の米農家、木下一朗さん(82)は20代の頃から独学で「どじょうすくい踊り」を踊ってきた。高齢であることから、菖蒲沢老人クラブ「菖寿会」の1月の新年会での披露を最後に”引退”しようと考えていたが、上演は大好評。参加者から引退を惜しむ声が数多く上がり、木下さんは「できる限りは続けていきたい。人に喜んでもらえるとうれしい」と踊りへの情熱はまだ健在だ。

踊りの原点は、20代の頃、秋に田んぼの水を抜くと、せぎにドジョウがたくさんいて、ざるですくった実体験だ。「毎年、楽しみだった。どじょう鍋にするとおいしい」と楽しい思い出を振り返る。宴会芸として始めたが、ただの遊びではなく「川の中を歩く足の運びやリズムは他の人にはまねできない」とこだわりを見せる。

どじょうすくい踊りの本流は、島根県安来(やすき)市に伝わる民俗芸能「安来節」。木下さんは自己流だが、安来節のテープを聞きながらしぐさや構成などを自分なりにつくり上げたという。ひげやそばかすを表す顔のメイクは鏡を見ながら水性ペンで自分で描く。若い頃は東京の親戚が営む割烹(かっぽう)の宴会場で踊り、芸を磨いた。

地元の菖蒲沢では、1990年の新公民館の完成祝いの席で披露。以来、出演依頼があれば出向き、親しまれてきた。

1月26日の新年会で、木下さんに出演依頼をした菖寿会の五味元治(もとじ)会長(65)は「木下さんのどじょうすくい踊りには本流の踊りにないオリジナリティーがある。今年限りと言わず、今後も会員や多くの人を楽しませてほしい」と願った。

関連記事

荘内日報社

対策講じ遊佐5小学校で入学式

 遊佐町内の5小学校で8日、入学式が行われた。新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から各校ともマスク着用、時間短縮といった対策を講じて実施。スーツやワンピースで着飾った1年生がピカピカのランドセルを背...

紀伊民報社

新型コロナで「苦渋の決断」 海開き延期

 和歌山県白浜町と白浜観光協会は、4年ぶりに5月3日の開催を予定していた白良浜の海開き(海水浴場の開設)や関連イベントの延期を決めた。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため。現時点で7月の海開き...

MOMO5号機 打ち上げへリハーサル IST・大樹

 大樹町内のベンチャー企業インターステラテクノロジズ(IST、稲川貴大社長)は7日夜から8日早朝にかけて、町浜大樹の実験場で観測ロケット「MOMO(モモ)」5号機の打ち上げに向けたリハーサルを行...

釧路新聞社

シマエナガさん、文房具に【釧路】

  山一佐藤紙店(釧路市北大通8、佐藤公一郎社長)はこの春、北海道に生息する小鳥で、野鳥愛好家に人気のシマエナガをモチーフにした文房具「シマエナガさん」シリーズの新作を商品化した。第3弾の鉛筆、第...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク