全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

ヘリで白浜の空観光 民間企業が3月から

試験飛行で使われたヘリコプター(写真はともに日置川町商工会提供)

 和歌山県白浜町の日置川地域で、民間企業がヘリコプターを使った遊覧飛行やスカイダイビングの事業を計画している。日置川町商工会では「地域振興につなげたい」と事業に協力する。企業は来年3月の事業開始を目標に準備を進めている。

 事業を計画しているのは、京都市内でヘリの遊覧飛行などを展開している「フリーバード」(京都市)など。業者側から進出の打診があり、商工会が協力することにした。商工会の提案したヘリを活用する空の観光商品の開発は、全国商工会連合会から本年度の支援事業として採択された。
 白浜町塩野の土地(約5600平方メートル)をヘリの発着点とし、遊覧飛行では日置川の上流域や白浜温泉街周辺の上空を飛ぶコースを検討している。スカイダイビングでは、利用者が熟練のインストラクターとともに上空3千メートルから飛び、志原海岸へ着陸する予定。

遊覧飛行のコースに検討されている白良浜上空からの写真

 商工会は、発着点となる土地を所有する町などと賃貸借契約を締結。日置川地域の区長や警察、消防などには計画を説明しているという。
 事業の具体的な内容は今後、さらに業者と詰めていく。遊覧飛行については、家族でも利用できるような低料金を検討するとしている。  このほか、災害時には物資の輸送でヘリを使えるよう業者側と協議しているという。
 フリーバード社は「南紀白浜に足を伸ばしてもらえるようにしたい。将来的には防災に関するイベントも開催できれば」と話している。
 商工会と事業者はこのほど、ヘリの試験飛行をした。商工会の役員らが搭乗し、上空からの景色を楽しんだ。
 商工会の担当者は「ヘリを使う新たな事業は地域への誘客が一番の目的。来年3月上旬にも事業を始められれば」と話している。
 志原海岸を着陸地点とするスカイダイビング事業は、2018年4月まで別の事業者が実施していた。

関連記事

コーヒー片手にアイスバブル楽しもう 氷上のカフェ 上士幌・糠平湖

 上士幌町観光協会(市田雅之会長)は糠平湖の氷上で、ホットコーヒーなどを販売するカフェを19日正午から開設する。カフェ横には、昨年、話題となり大勢の人が訪れたアイスバブルも常時見られるようテントを...

長野日報社

スケート滑って健康づくり 大人対象に教室

岡谷市内山のやまびこ国際スケートセンターで11日、大人を対象にした初のスケート教室が行われた。市内外から20~80歳代の男女23人が参加。久しぶりにスケート靴を履いたという参加者が多く、同センタ...

「渥美半島を彩る菜の花まつり」開幕

 ひと足早い春の訪れを告げる「渥美半島菜の花まつり2020」(渥美半島観光ビューロー主催)が11日、田原市で開幕した。3月31日までの期間中は、伊良湖地区や国道沿いなどで菜の花畑が見られ、イベン...

長野日報社

雪の上のユニバーサル デュアルスキーの体験会

信州綜合開発観光は9日、信州大学との共同で、パイロットがサポートする障がい者用チェアスキー「デュアルスキー」の体験会を、同社運営の車山高原スカイパークリゾートスキー場で開いた。スキー場スタッフら...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク