全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

寒風にさらされ乾燥 茅野市で角寒天作り始まる

青空の下で天出し作業に励む従業員=茅野市宮川

冬の寒さを利用した諏訪地方特産の天然の角寒天作りの時期を迎え、茅野市宮川の五味喜一商店で6日、生天を寒風にさらす「天出し」作業が始まった。暖冬といわれる中、少しずつ寒さも増し、天候を見計らい昨年に比べ3日早いスタート。従業員約10人が、わらを敷き詰めた干し場で作業に励んだ。

テングサを大釜で煮溶かし、冷えて固まったものが生天。弾力のある柔らかさで、慣れないと取り扱い方が難しい。初めて働く男性は先輩に教わりながら慎重に並べていた。凍結と融解を繰り返して水分が抜け、2週間ほどで角寒天になる。

長野地方気象台によると、この日の諏訪の最低気温は氷点下0・5度。同社によると今季は青森県や地元の17人ほどが作業に従事する。来年2月20日ごろまでに、例年並みの計100万本を生産する計画。

五味昌彦さん(61)は「健康食品としても需要があり、ありがたいことに在庫切れの状態。冷え込みに期待し、フル稼働で品質の良い寒天を作りたい」と話していた。

関連記事

十勝落花生 広がる販路 ダイイチや満寿屋にも【十勝】

 芽室を中心に産地化の取り組みが進む十勝産落花生の販路が、広がっている。産学官金連携の「十勝グランナッツプロジェクト」に参加する生産者が独自に販路を開拓、ダイイチ(帯広市)が落花生の取扱店舗を...

ラテアートにトークショー ミルク&チーズフェア 帯広・藤丸

 帯広市内の藤丸で21日まで開催中の「ミルク&ナチュラルチーズフェア」に、ラテアートの世界大会で優勝したことのある大磯悟さんのコーヒー店「スタンダードコーヒーラボ」(札幌)が出店している。 世界...

「甲子園」2年連続グランプリ報告 清水高のあんパン 鈴木知事も絶賛

 昨年10月の「パン甲子園2019」(実行委主催)で2年連続グランプリに輝いた清水高校の3人が17日、鈴木直道知事を表敬訪問した。共に3年の山田晧太さん、藤田成之介さん、曽根拓馬さんらが鈴木知...

道内の乳製品一堂に ミルク&ナチュラルチーズフェア 帯広

 「ミルク&ナチュラルチーズフェア2020」が16日、帯広市内の藤丸7階催し会場で開幕した。道内各地の57社、約550品目の乳製品が一堂に集まり、来場者は目当ての商品を買い求めていた。21日まで...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク