全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

寒風にさらされ乾燥 茅野市で角寒天作り始まる

青空の下で天出し作業に励む従業員=茅野市宮川

冬の寒さを利用した諏訪地方特産の天然の角寒天作りの時期を迎え、茅野市宮川の五味喜一商店で6日、生天を寒風にさらす「天出し」作業が始まった。暖冬といわれる中、少しずつ寒さも増し、天候を見計らい昨年に比べ3日早いスタート。従業員約10人が、わらを敷き詰めた干し場で作業に励んだ。

テングサを大釜で煮溶かし、冷えて固まったものが生天。弾力のある柔らかさで、慣れないと取り扱い方が難しい。初めて働く男性は先輩に教わりながら慎重に並べていた。凍結と融解を繰り返して水分が抜け、2週間ほどで角寒天になる。

長野地方気象台によると、この日の諏訪の最低気温は氷点下0・5度。同社によると今季は青森県や地元の17人ほどが作業に従事する。来年2月20日ごろまでに、例年並みの計100万本を生産する計画。

五味昌彦さん(61)は「健康食品としても需要があり、ありがたいことに在庫切れの状態。冷え込みに期待し、フル稼働で品質の良い寒天を作りたい」と話していた。

関連記事

豊頃生まれ 地ビールで乾杯 大麦と小豆で風味豊か

 豊頃町内産の大麦と小豆を原料にした2種類のクラフトビール(地ビール)を澄川麦酒醸造所(札幌市)が今月上旬に醸造し、地域の話題になっている。小笠原ファーム(町北栄)の大麦を使用した「GO OUT(...

長野日報社

土用マツタケ豊作 香りも味も「申し分ない」

長野県諏訪市湖南などで秋の味覚のマツタケが収穫されている。梅雨の時期が秋に似ていることから出るとされ、「土用マツタケ」とも呼ばれる。今年は長雨の影響もあり、この時期としては”豊作”で虫食いも少な...

ドライブスルーでマルシェ 帯広の一心商店

新商品「みそ豚まん」販売も  「ドライブルスルー八百屋」などを展開する一心商店(帯広市、飯塚忠志社長)は24、25の両日、「ドライブスルーマルシェ」を帯広市西8南14の空き店舗で開催する。十勝産野...

おいしい朝取りスイートコーン 芽室で収穫始まる

 スイートコーンの収穫作業が、生産量日本一の芽室町内で始まっている。  町北芽室の坂東農場では、生食用1.2ヘクタール、加工用4.5ヘクタールで作付け。生食用は3月下旬からハウスで苗作りを行...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク