全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

台湾地震の義援金託す 八商工生が活動で集める

漢那政弘副市長に台湾東部地震義援金を託す川奈詩織さん(中)と大島悠莉さん(左)=27日午後、市長室

 八重山商工高校の生徒約20人が千葉ロッテマリーンズのキャンプ時などに台湾東部地震義援金を募り、商業科観光コース2年の川奈詩織さん(17)と大島悠莉さん(同)が27日、市役所を訪ね、47万8284円と2400元(台湾ドル紙幣)を漢那政弘副市長に託した。  八商工は花蓮高級中学(高校)、花蓮高級農業職業学校と姉妹校。生徒たちが募金箱をつくって寄付を集め、協力者にはクジャクの羽でつくった飾りを返礼として贈った。台湾の旗に「頑張れ」を意味する「加油」を書き込み、寄付者にメッセージも書いてもらった。  川奈さんは「姉妹校では先輩たちがお世話になっているので、自分たちにも何かできないかと義援金を募る活動を行った」、大島さんは「ロッテの選手にもメッセージを書いてもらった。たくさんの義援金が集まった」とそれぞれ報告した。  漢那副市長は「石垣市は台湾と歴史的な縁がある。東日本大震災のときは台湾から心のこもった援助をいただいた。今回、皆さんが集めたたくさんの浄財をしっかり届け、復興に役立ててもらいたい」と感謝した。

関連記事

「クシティの日」で関連行事 講演会や川柳表彰式

 【与那国】12月の第二日曜日は「クシティの日」。町は9日、町農業構造改善センターで「第2回クシティの日」の関連行事が行い、クシティ栽培の現状やクシティの可能性についての講演会を開いたほか、町民か...

長野日報社

「ヘルプマーク」徐々に浸透 継続的な周知大事

 日常生活で援助や配慮を必要とする人が周囲に知らせるために身に付ける「ヘルプマーク」が諏訪地域で徐々に浸透しつつある。県が7月から全県で取り組み、諏訪6市町村の福祉担当窓口と県諏訪保健福祉事務所...

荘内日報社

西郷隆盛との交流で伝わる「酒井家の鶏飯」 DCの目玉料理に

 鶴岡市の庄交コーポレーション・東京第一ホテル鶴岡は13日、明治維新後の西郷隆盛と旧庄内藩主・酒井忠篤公の交流を通じて酒井家に代々伝わる、鹿児島名物料理「鶏飯(けいはん)」を取り入れた食事メニュー「...

紀伊民報社

駅前に二偉人「そろい踏み」 弁慶像近くに盛平記念碑

 JR紀伊田辺駅前の弁慶広場(和歌山県田辺市湊)に、合気道の開祖・植芝盛平の記念石碑が移設された。仁王立ちしてにらみを利かす弁慶像と石碑。田辺三偉人のうち、「2人」が広場の両端にそろい踏みして、...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク