全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

台湾地震の義援金託す 八商工生が活動で集める

漢那政弘副市長に台湾東部地震義援金を託す川奈詩織さん(中)と大島悠莉さん(左)=27日午後、市長室

 八重山商工高校の生徒約20人が千葉ロッテマリーンズのキャンプ時などに台湾東部地震義援金を募り、商業科観光コース2年の川奈詩織さん(17)と大島悠莉さん(同)が27日、市役所を訪ね、47万8284円と2400元(台湾ドル紙幣)を漢那政弘副市長に託した。  八商工は花蓮高級中学(高校)、花蓮高級農業職業学校と姉妹校。生徒たちが募金箱をつくって寄付を集め、協力者にはクジャクの羽でつくった飾りを返礼として贈った。台湾の旗に「頑張れ」を意味する「加油」を書き込み、寄付者にメッセージも書いてもらった。  川奈さんは「姉妹校では先輩たちがお世話になっているので、自分たちにも何かできないかと義援金を募る活動を行った」、大島さんは「ロッテの選手にもメッセージを書いてもらった。たくさんの義援金が集まった」とそれぞれ報告した。  漢那副市長は「石垣市は台湾と歴史的な縁がある。東日本大震災のときは台湾から心のこもった援助をいただいた。今回、皆さんが集めたたくさんの浄財をしっかり届け、復興に役立ててもらいたい」と感謝した。

関連記事

長野日報社

「伊那華のみそ娘」仕込み 伊那市東春近の女性組合

 長野県伊那市東春近の農家女性でつくる「伊那華のみそ娘加工組合」のみその仕込みが15日から、JA上伊那みそ加工施設で始まった。地元産の原材料と昔ながらの製法にこだわった安心・安全のみそは好評で...

東栄町・普光寺の「銅鉦鼓」が県有形文化財に

 県は、県文化財保護審議会(丸山宏会長)の答申に基づき、東栄町振草古戸中原、普光寺の工芸品「銅鉦鼓(どうしょうこ)」など3点を新たに県有形文化財に指定、史跡1件の面積を追加指定することにし、15日...

紀伊民報社

熊野古道 外国人対応エリア拡大

 和歌山県の田辺市熊野ツーリズムビューローは、熊野古道中辺路で急増中の外国人観光客に、より長く古道歩きを楽しんでもらおうと、小辺路や大辺路、伊勢路でも受け入れ態勢強化に乗り出した。観光客の増加や...

荘内日報社

地域おこし協力隊員らが「複業」事例発表

 生業や地域づくりを考えるイベント「仕事が無いなら自分で作る?~若者がナリワイを作って活気のある地域に」が14日、三川町文化交流館「アトク先生の館」で開かれ、同町で活動している地域おこし協力隊の伊藤秀...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク