全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

津波避難訓練 612人が高台へ

避難訓練の参加者に炊き出しのカレーライスを配る地元町内会の女性役員

 和歌山県田辺市町内会の南部ブロック(11町内会、出羽豊男ブロック長)は25日、大津波の避難訓練をした。612人が参加し、それぞれ最寄りの高台に移動した。その後300人分の炊き出し訓練もあり、訓練を通じて住民間の交流を深めた。  神子浜や文里など市街地南側に位置する南部ブロックは、南海トラフの巨大地震が発生すれば15分後に浸水が始まり、最大津波高は12メートルと想定されている地域。2012年から合同で津波避難訓練をしている。  訓練はマグニチュード9を超す巨大地震が発生したと想定。市のサイレンを合図に、住民は火の元や戸締まりを確認した後、各避難場所を目指した。避難場所の一つ、田辺第二小学校(田辺市東陽)の廣田敬則校長は「訓練には子どもからお年寄りまで参加され、地域と学校の連携にもつながっている」と話した。  この日の訓練では、東本町と神田の両町内会が田辺第二小で、300人分のカレーライスの炊き出しを実施。町内会役員の女性約20人が調理し、避難した住民に提供した。  碓井肇・東本町町内会長は「食事を共にした住民は表情が柔和になっていた。訓練を通じて交流を深めることが大事」、神田町内会長の出羽ブロック長は「避難訓練も炊き出しも多くの人が参加し、良い訓練になった。災害に備えるため、普段からの取り組みを大切にしていきたい」と語った。

関連記事

宇部日報社

垂直の庭をライトアップ 臓器移植啓発

 山口市JR新山口駅の南北自由通路に設置されている「垂直の庭」が16日、臓器移植のシンボルカラーの緑色にライトアップされた。やまぐち移植医療推進財団(今村孝子理事長)主催。10月は厚生労働省が提...

釧路新聞社

万一に備えHV車の救助訓練/釧路市消防本部

 いざという時に備え、釧路市消防本部で16日、高電圧バッテリーを搭載したハイブリッド車(HV)の救助活動時の注意点などを学ぶ研修が行われた。ガソリン車、HV車を比較しながら、車両の一部を実際に解...

故郷の歌と踊り楽しむ 在沖白保郷友会が道遊び

 【浦添】在沖白保郷友会(米盛守会長)の「道遊び」が13日、浦添市てだこホール広場で行われ、大勢の郷友とその家族らが故郷の歌や踊りを楽しみながら交流した。  在沖八重山郷友会連合会の半嶺当友会...

長野日報社

消費税率10%に不安と戸惑い 諏訪地方の声

 安倍晋三首相が2019年10月から、消費税率を8%から10%に予定通り引き上げる方針を表明した。消費者からは「生活への影響は大きい」と不安の声が上がる。生活必需品の一部は税率を8%に据え置く...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク