全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

山の楽しみ方いろいろ 茅野市民館で山岳イベント

山岳トークや山道具の展示があり、登山愛好者らが交流した初の「八ケ岳マウンテンミーティング」

山岳トークや山道具の展示などを行う「八ケ岳マウンテンミーティング2019」は4日、茅野市の茅野市民館で開いた。山に関わる専門家によるトークや、テントや山道具などの展示、山でのおいしいお茶の入れ方講座などがあり、登山愛好者らでにぎわった。

JR茅野駅前の「ワークラボ八ケ岳」を利用する茅野市や原村の3社でつくる実行委員会が主催。登山客や地元の人たちに、登る以外にもさまざまな切り口で山を楽しんでほしいと、八ケ岳の玄関口である茅野駅前を会場にして初めて企画した。

山岳トークでは、イベントの実行委員長で、山岳気象予報士の猪熊隆之さん(茅野市、ヤマテン社長)と山岳ガイドの恩田真砂美さんが対談。山岳気象予報士の仕事や雲の見方などについて解説した。茅野市に拠点を置く理由について猪熊さんは「中部山脈が見渡せる立地。八ケ岳にかかる雲を見れば大体の天気の流れも分かる」と話した。

山での天気の予測方法については「雲の形と変化、動き、地形など見る。さらに地図と照らし合わせると、そのときの空気の状況が分かってくる」と指摘した。

テントや山道具の出展者は3日夕方から、芝生広場に山用テントを設営。約10個のテントが立ち並び、一晩ビバークした。4日には出展者がこだわりの山道具や山での調理方法などを披露し、来場者との交流を楽しんだ。出展者の40代女性=東京都=は山道具で魚介類料理「アクアパッツア」を調理し、「おいしいものをおいしく食べるために山に登る」と、山で味わうご飯の魅力を語った。

関連記事

雪踏みしめアートに 食や犬ぞり体験も 中札内

 雪を楽しむイベント「スノーアートヴィレッジなかさつない2020」(中札内村観光協会主催)が15日、中札内農村休暇村フェーリエンドルフで始まった。キャンバスに見立てた雪原をスノーシューで歩いて...

長野日報社

薪火で冬キャン 22、29日に駒ケ根高原で日帰りイベント

中央アルプス山麓の駒ケ根高原12施設で構成する早太郎温泉事業協同組合(宇佐美宗夫理事長)は22、29日、閑散期の冬の誘客の新たな仕掛けとして「薪火」に着目した日帰りキャンプイベントを駒ケ根市の...

16日に九州人形劇フェス 8年ぶりの石垣島開催

 「第56回九州人形劇フェスティバル~石垣島大会~」(九州人形劇サークル協議会主催)が16日、大浜公民館で開かれる。石垣島大会は8年ぶり。同協議会に加盟する児童文化サークルくにぶん木の会(池田哲子...

映画「ゾッキ」の撮影順調

蒲郡で3監督がロケの中間報告  蒲郡市内で撮影が行われている映画「ゾッキ」の監督を務める俳優の竹中直人、山田孝之、齊藤工さんの3人が9日夕、報道陣にロケの中間報告をした。齊藤さんは「順調に...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク