全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

山の楽しみ方いろいろ 茅野市民館で山岳イベント

山岳トークや山道具の展示があり、登山愛好者らが交流した初の「八ケ岳マウンテンミーティング」

山岳トークや山道具の展示などを行う「八ケ岳マウンテンミーティング2019」は4日、茅野市の茅野市民館で開いた。山に関わる専門家によるトークや、テントや山道具などの展示、山でのおいしいお茶の入れ方講座などがあり、登山愛好者らでにぎわった。

JR茅野駅前の「ワークラボ八ケ岳」を利用する茅野市や原村の3社でつくる実行委員会が主催。登山客や地元の人たちに、登る以外にもさまざまな切り口で山を楽しんでほしいと、八ケ岳の玄関口である茅野駅前を会場にして初めて企画した。

山岳トークでは、イベントの実行委員長で、山岳気象予報士の猪熊隆之さん(茅野市、ヤマテン社長)と山岳ガイドの恩田真砂美さんが対談。山岳気象予報士の仕事や雲の見方などについて解説した。茅野市に拠点を置く理由について猪熊さんは「中部山脈が見渡せる立地。八ケ岳にかかる雲を見れば大体の天気の流れも分かる」と話した。

山での天気の予測方法については「雲の形と変化、動き、地形など見る。さらに地図と照らし合わせると、そのときの空気の状況が分かってくる」と指摘した。

テントや山道具の出展者は3日夕方から、芝生広場に山用テントを設営。約10個のテントが立ち並び、一晩ビバークした。4日には出展者がこだわりの山道具や山での調理方法などを披露し、来場者との交流を楽しんだ。出展者の40代女性=東京都=は山道具で魚介類料理「アクアパッツア」を調理し、「おいしいものをおいしく食べるために山に登る」と、山で味わうご飯の魅力を語った。

関連記事

漂着ごみはどこから 離島ターミナルで企画展 27日まで

 ユーグレナ石垣港離島ターミナルで開催中の海洋漂着物企画「漂着ごみはどこから来るの?」(環境省石垣保護官事務所主催)の展示会が27日までとなっている。  同展示会は、八重山の海岸に滞留している...

荘内日報社

「紅花の守人」「丸八やたら漬」 映画撮影の思い 鶴岡まちキネ 佐藤監督と髙..

 山形県を舞台にしたドキュメンタリー映画「紅花の守人(もりびと)」と「丸八やたら漬 Komian」を上映中の鶴岡まちなかキネマで15日、両作品の監督・佐藤広一(こういち)さん(44)=天童市在住=とプ...

八重山古典民謡保存会 2年ぶり新春演奏会 45周年へ心一つに

 八重山古典民謡保存会(大浜修会長)の新春演奏会が16日夕、大川公民館で開かれ、会員25人余りが鷲ぬ鳥節や目出度節など全14曲を披露した。演奏会は2年ぶり。新型コロナウイルス感染拡大防止のため規模を縮...

荘内日報社

庄内町地酒消費拡大キャンペーン プレミアム付き購入券発行へ 2月1日から町..

 庄内町観光協会は11日、「庄内町地酒消費拡大キャンペーン」と銘打ち、同町内の酒蔵「鯉川酒造」と「やまと桜」が製造する地酒をお得に購入できる「プレミアム付き地酒購入券」の発行を発表した。購入券は町内1...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク