全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

最多5930人快走 フードバレーとかちマラソン

沿道の木々が紅葉する中、一斉にスタートを切るハーフマラソンの出場ランナー

 道内の今シーズン最後の公認マラソン大会「2019フードバレーとかちマラソン」(実行委員会主催、十勝毎日新聞社など共催)が27日午前、帯広市内を舞台に開かれた。8回目となる今回は管内外から過去最多の5930人が出場した。ハーフ総合男子は1時間7分16秒で土橋晋也さん(28)=札幌市=が制し、管内トップは1時間12分15秒の板東翔太さん(31)=帯広市=。同女子は1時間20分38秒で沢田愛里さん(39)=札幌市=が優勝、管内トップは1時間21分50秒で2位の三橋理恵さん(40)=帯広市=だった。

 前日の雨で路面はぬれていたが、ハーフスタート時刻の午前9時には青空が広がり、気温は11.7度だった。

 ハーフは男女3487人が参加し、一斉に藤丸前をスタート。白樺通、帯広の森を走り、帯広駐屯地、緑ケ丘公園を経由する新コースを通って、ゴールの中央公園を目指した。午前9時10分に5キロ、同9時15分に中学生以上の2.5キロ、同9時25分に小学生の2.5キロ、同9時半に親子ファミリーと続いた。

 700人以上がボランティアとして参加、沿道では18の企業・団体が「応援団」としてドリンクの提供やパフォーマンスでランナーをサポートした。大勢の市民が沿道に集まり、ランナーに声援を送った。

 ハーフ総合女子優勝の沢田さんは2歳まで帯広で過ごした。「自分のベストに迫ることができて満足。紅葉がきれいで力になった」と話していた。

関連記事

「日本画壇の風雲児」中村正義の画業たどる 生誕100年、豊橋で展示会

 豊橋市向山大池町の「ギャラリーサンセリテ」で企画展「生誕100年 中村正義展―豊橋の正義さん」が開かれている。「日本画壇の風雲児」と呼ばれた作家の画業を豊橋ならではの展示で紹介している。26日まで。...

「がまごおりじなる」潮干狩り

 蒲郡市シティセールス推進協議会は12日、三谷地区の水神海岸で市民対象のイベント「がまごおりじなる潮干狩り大会」を開催した。市制施行70周年記念事業の一環。  協議会は自分たちで蒲郡ならではの...

長野日報社

災害への備え再確認 防災拠点巡るウオーキング JOCA駒ケ根

 JOCA(青年海外協力協会、本部・長野県駒ケ根市)駒ケ根は11日、同市中心部の防災拠点などを巡って、能登半島地震被災地にエールを送るウオーキングイベント「ゴッチャ!ウオーク」を開いた。子どもか...

長野日報社

防災への意識高めて あすウオーキングイベント JOCA駒ケ根

 能登半島地震で被災した住民らを応援するイベント「ゴッチャラリー2024」(生涯活躍のまち推進協議会主催)が11日まで、JOCA(本部・長野県駒ケ根市、青年海外協力協会)の拠点を中心に全国各地で...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク