全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

最多5930人快走 フードバレーとかちマラソン

沿道の木々が紅葉する中、一斉にスタートを切るハーフマラソンの出場ランナー

 道内の今シーズン最後の公認マラソン大会「2019フードバレーとかちマラソン」(実行委員会主催、十勝毎日新聞社など共催)が27日午前、帯広市内を舞台に開かれた。8回目となる今回は管内外から過去最多の5930人が出場した。ハーフ総合男子は1時間7分16秒で土橋晋也さん(28)=札幌市=が制し、管内トップは1時間12分15秒の板東翔太さん(31)=帯広市=。同女子は1時間20分38秒で沢田愛里さん(39)=札幌市=が優勝、管内トップは1時間21分50秒で2位の三橋理恵さん(40)=帯広市=だった。

 前日の雨で路面はぬれていたが、ハーフスタート時刻の午前9時には青空が広がり、気温は11.7度だった。

 ハーフは男女3487人が参加し、一斉に藤丸前をスタート。白樺通、帯広の森を走り、帯広駐屯地、緑ケ丘公園を経由する新コースを通って、ゴールの中央公園を目指した。午前9時10分に5キロ、同9時15分に中学生以上の2.5キロ、同9時25分に小学生の2.5キロ、同9時半に親子ファミリーと続いた。

 700人以上がボランティアとして参加、沿道では18の企業・団体が「応援団」としてドリンクの提供やパフォーマンスでランナーをサポートした。大勢の市民が沿道に集まり、ランナーに声援を送った。

 ハーフ総合女子優勝の沢田さんは2歳まで帯広で過ごした。「自分のベストに迫ることができて満足。紅葉がきれいで力になった」と話していた。

関連記事

長野日報社

「DJ GOMI」に大盛り上がり 茅野市永明中学校がクラブに

ミラーボールが輝き、光と音で華やいだ、かつての大人の社交場「ディスコ」。今は「クラブ」と呼ばれ、そこでテンポの早い曲をノンストップで次々と流し、お客さんを楽しませてくれるのがクラブDJ(ディスク...

「天の讃歌」テーマ とかち文化まつり開幕

 美術や郷土史、食など十勝のさまざまな文化が集う祭典「第17回とかち文化まつり」(NPO十勝文化会議主催)が20日、帯広市内のとかちプラザで開幕した。「天の讃歌」をテーマに、同会議の11の部会...

長野日報社

米俵ピラミッドお目見え 24日に飯島町米俵マラソン世界大会

長野県飯島町を舞台に米俵を担いで健脚を競う第7回「飯島町米俵マラソン世界大会」が24日に行われる。大会の成功に向けて機運を高めようと、主催する実行委員会の関係者らがメイン会場の町文化館玄関に米俵...

エコライフおきなわ 4個人5団体を表彰 石垣島初開催 地球の未来や環境考..

 県と自治体の共催による県民環境フェア「エコライフおきなわ2019 ISHIGAKI OKINAWA」(県主催)が16日、石垣市総合体育館を主会場に行われた。地球温暖化対策や自然保護、リサイクル...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク