全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

ブッダガヤの子どもに音楽を 元教員の小林孝行さん

教え子たちから寄せられたリコーダーをインドに届ける準備をする小林さん

音楽の教育環境に恵まれていない外国の子どもたちに楽器を届け演奏の喜びを伝えたいと、長野県駒ケ根市の元教員で県中学校吹奏楽連盟理事長を務めた小林孝行さん(62)が、インドに向けて23日に出発する。現地に贈るのは、教え子たちが心を寄せて集めてくれたリコーダー約140本など。膨大な量の楽器に託された思いを伝え子どもたちを指導する予定で、「みんなで合奏する楽しさを味わってもらいたい」と心躍らせている。

教員時代の吹奏楽部指導者仲間だった菅井秀樹さん=長野市=が取り組む「世界こども音楽交流プロジェクト」の趣旨に賛同し、協力することに。目的地は、インド北東部に位置する仏教の聖地・ブッダガヤ(ボードガヤー)。階級差別が残る地で、最貧困層を取り巻く音楽教育環境は整っていない。子どもたちが高価な楽器を演奏する機会や歌を楽しむ習慣もないという。小林さんは、プロジェクト関係者とともに23日から約1週間、現地視察を兼ねて音楽の指導も行う予定だ。

出発を前に、かつての教え子たちから、使わなくなったリコーダーなどを募った。長年顧問を務めた伊那市東部中学校吹奏楽部のOB・OGたちから寄せられたのは、膨大な量の楽器。リコーダーは、ソプラノ、アルト合わせて約140本。鍵盤ハーモニカや持ち運びができる電子ピアノなども。「思いもよらない数が集まり驚いた。インドの子どもたちへの思いを行動に移してくれた卒業生たちに感謝し切り」と小林さん。「インドで指導した子どもたちを日本に呼び、音楽交流できたら良いですね」と夢を膨らませている。プロジェクトに関する問い合わせは同推進委員会(メール1219kinsugai@gmail.com)へ。

関連記事

紀伊民報社

かやぶき屋根美しく 熊野古道沿いの休憩所「とがの木茶屋」

 和歌山県田辺市が同市中辺路町野中の熊野古道沿いの休憩所「とがの木茶屋」で進めていた、かやぶき屋根のふき替え工事が終わった。老朽化で傷みが激しくなっていたためで、ふき替えは15年ぶり。地域住民も...

100年ぶりに復活 苫小牧の正光寺の仏教講座

苫小牧市高砂町の正光寺で月1回、仏教の世界や教えをひもときながら宗教や文化、歴史などを学ぶ「はじめて学ぶ 仏教文化講座」が開かれている。吉井直道住職(32)が、曽祖父で同寺創始者の吉井一行氏が開基...

銀河の湯で「顔認証」 オカモト導入、公共2カ所目 足寄

 オカモト(帯広)は指定管理者を務める足寄町営温泉浴場「銀河の湯あしょろ」の入館管理に「顔認証システム」を導入した。対象となる定期利用者は券を持参しなくても“顔パス”で入れる。公共施設での顔認証導入...

荘内日報社

多収栽培の技術確立 庄内砂丘メロン 1株から5玉収穫に活路 生産農家の収益アッ..

 県庄内総合支庁農業技術普及課産地研究室(酒田市浜中)は、庄内砂丘メロンの多収栽培技術を確立した。1株から5玉(通常は4玉)を収穫する方法で、生産農家の収益を上げることが狙い。これまで緑肉の「アンデス...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク