全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

ブッダガヤの子どもに音楽を 元教員の小林孝行さん

教え子たちから寄せられたリコーダーをインドに届ける準備をする小林さん

音楽の教育環境に恵まれていない外国の子どもたちに楽器を届け演奏の喜びを伝えたいと、長野県駒ケ根市の元教員で県中学校吹奏楽連盟理事長を務めた小林孝行さん(62)が、インドに向けて23日に出発する。現地に贈るのは、教え子たちが心を寄せて集めてくれたリコーダー約140本など。膨大な量の楽器に託された思いを伝え子どもたちを指導する予定で、「みんなで合奏する楽しさを味わってもらいたい」と心躍らせている。

教員時代の吹奏楽部指導者仲間だった菅井秀樹さん=長野市=が取り組む「世界こども音楽交流プロジェクト」の趣旨に賛同し、協力することに。目的地は、インド北東部に位置する仏教の聖地・ブッダガヤ(ボードガヤー)。階級差別が残る地で、最貧困層を取り巻く音楽教育環境は整っていない。子どもたちが高価な楽器を演奏する機会や歌を楽しむ習慣もないという。小林さんは、プロジェクト関係者とともに23日から約1週間、現地視察を兼ねて音楽の指導も行う予定だ。

出発を前に、かつての教え子たちから、使わなくなったリコーダーなどを募った。長年顧問を務めた伊那市東部中学校吹奏楽部のOB・OGたちから寄せられたのは、膨大な量の楽器。リコーダーは、ソプラノ、アルト合わせて約140本。鍵盤ハーモニカや持ち運びができる電子ピアノなども。「思いもよらない数が集まり驚いた。インドの子どもたちへの思いを行動に移してくれた卒業生たちに感謝し切り」と小林さん。「インドで指導した子どもたちを日本に呼び、音楽交流できたら良いですね」と夢を膨らませている。プロジェクトに関する問い合わせは同推進委員会(メール1219kinsugai@gmail.com)へ。

関連記事

荘内日報社

今秋「日本海沿岸ミステリーツアー」 JR鶴岡駅発着 日帰り2コース 羽越本線..

 特急いなほに乗って〝ミステリーツアー〟を楽しんで―。羽越本線全線開通100周年を記念し、鶴岡市は9月28日(土)と10月27日(日)に、出発当日まで行き先を明かさない「日本海沿岸ミステリーツアー」を実施する...

94歳“最後の最後”の同窓会 帯広大谷女子校第22期生

 帯広大谷高等女学校第22期生(1947年卒)のクラス会が12日、帯広市内のコミュニティーサロン「あがり・框(かまち)」で開かれた。“最後の最後”として行われた会で、今年度に94歳を迎える同窓生...

宇部日報社

見初のシンボルマーク誕生 住民がデザイン「地域盛り上げたい」【宇部】

 見初地域づくり協議会(梅田寛会長)は、地区のシンボルマークを作製した。漢字の「見」をモチーフにしたデザインで、今月から同会の広報紙やチラシなど、関連するさまざまな場面で使用する。  昨年、...

豊橋鉄道、愛されて100年 美博で企画展

 豊橋市美術博物館で13日から「豊橋鉄道100年 市電と渥美線」が開かれる。12日、開場式と内覧会があった。  市内中心部を走る路面電車「東田本線(市内線)」と、新豊橋駅と三河田原駅を結ぶ「渥美...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク