全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

与那国島ふれあい星まつり 天体スライドや民謡楽しむ 雨天で会場を屋内に変更

 【与那国】「ぶーるしぃ・んにんだぎぃ・てんぃんぬふち」(みんなで見よう天の星を)をテーマに八重山広域圏事務組合(理事長・中山義隆石垣市長)主催の「与那国島ふれあい星まつり」が28日夜、町児童交流センターで開かれ、星にまつわる民話の紹介やスライドを使った星空解説、成底ゆうこのライブや東金嶺等の民謡ショーなど多彩なイベントでにぎわった。地域住民や観光客ら約100人が訪れた。この日は雨天のため会場が野外から屋内へ変更された。

 星まつりは、生まれ島の自然環境に誇りを持ち、星空の観測を通して環境保存に関心を高めてもらう事業の一環。同組合が2011年から八重山の各島々を巡り開催している。

 主催者を代表して副理事長の外間守吉与那国町長が「あいにくの天候で残念だが、よそでは見られない数多くの星座が輝く八重山の自然環境を守ろうという試み。天空のロマンを語ろう」とあいさつした。

 波照間、竹富、小浜の3島の星にまつわる民話の朗読の後、石垣島天文台の花山秀和さんが宇宙のミニ講話で、南方の低い位置に見られるという「かじき座」の星座について話すと会場がざわついた。

 またNPO法人八重山星の会の通事安夫さんがスライドを使って星空を見る楽しみ方や土星、木星など星座や天体について解説。映し出される果てしない宇宙に見入った。石垣島の星見石についても話した。

 かじき座を知らなかった40代男性は「壮大な天体。令和元年で良い巡り合わせでラッキー。解説が分かりやすい」と喜んだ。

 星まつり前半には與那覇桂子琉舞研究所が踊りを披露。東金嶺等さんが「月ぬ美しゃ」「月ぬマピローマ」などを歌い、成底ゆう子さんのライブが会場を盛り上げた。

関連記事

豊橋・藤ノ花女子高で針供養 豪華なひな段にお供えも

 豊橋市老松町の藤ノ花女子高校は26日、「針供養・ひなまつり」行事を開いた。針供養は前身の「豊橋裁縫女学校」創立(1902年)以来続く。全校生徒が役目を終えた針に感謝した。  生徒に優しさや感...

家族集い墓前で「正月」 郡内各地で十六日祭

 あの世(グショー)の正月と言われる十六日祭(ジュールクニチー)が25日(旧暦1月16日)、郡内各地で催された。家族や親戚らが集まり、墓前でオードブルや花、酒などを供えて家族の健康や子孫繁栄を願った...

釧路新聞社

キツネ被害 対処方法 市、ホームページに情報掲載【釧路市】

 クマやシカ、野鳥などの野生鳥獣に関する情報発信について、釧路市は新たにキツネの被害と対処に関する情報を市ホームページ(HP)に掲載した。市への問い合わせなどが多いことに伴う取り組み。担当の市環境...

長野日報社

「高遠城址公園さくら祭り」伊那市が対策会議 運営方針など確認 長野県 

長野県伊那市は26日、観桜イベント「高遠城址公園さくら祭り」の対策会議を同市高遠町総合福祉センター・やますそで開いた。祭りに携わる関係者ら約50人が出席し、運営方針や交通、防犯対策などを確認。...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク