全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

漂着ごみで海の生き物 イルカなど本物そっくり 海洋楽研究所

本物そっくりの海洋生物ロボットと遊ぶ小浜島の子どもたち=11日、はいむるぶしのプール(同ホテル提供)

 【小浜】漂着ごみを使って作った海洋生物そっくりのロボットと遊ぶ「海洋楽研究所」(林正道所長)が11日、ホテル「はいむるぶし」のプールで行われ、同島の幼稚園児や児童生徒が本物そっくりのイルカやサメなどのロボット30台と泳ぎ、夢の時間を楽しんだ。

 約2㍍ものサメやイルカのロボットは大人気。子どもたちはわれ先に集まって触り、リアルな質感や動きに目を輝かせた。 林氏は「本物はこの100万倍すごいよ」と笑顔。このほかにもマンタやウミガメ、アザラシやシャチなどのロボットがいたほか、エビフライや焼きサンマ、たい焼きやサーモンの切り身など、ユーモアあふれるロボットもプールを泳いだ。

 海の楽しさや命の尊さなどを楽しく伝えることを目的に、林氏が全国各地で行っている企画。林氏は2009年から同ホテルで毎年実施していたが、健康上の理由で一時中断。今回は5年ぶりで、これで最後となる。

関連記事

宇部日報社

「歓喜の歌」高らかに 記念会館でHAPPY END2019【宇部】

 「第九『歓喜の歌』でHAPPY END2019」は15日、宇部市の記念会館であり、137人の市民合唱団と宇部市民オーケストラを中心にした管弦楽団54人の音色が、ホールいっぱいに響きわたった。第...

陸別町のキャラが菓子に たい焼き風

 商業活性化施設コミュニティプラザ☆ぷらっと内のコミュニティスペースぷらっと広場で営業する「K’Sキッチン・陸別ラーメン」は、陸別町のマスコットキャラクターをかたどった「しばれくん・つららちゃん焼...

釧路新聞社

白糠に地熱開発専門学校【白糠】

再生可能エネルギーを活用した事業で地域活性化に取り組む「町おこしエネルギー」(兵庫県加古川市・沼田昭二社長)は、地熱開発の掘削技術者を養成する全国初の「掘削技術専門学校」を白糠町の釧白工業団地内...

空のお仕事楽しく学ぶ 36組72人の親子が参加 ANA石垣島就航30周年記念

 全日空(ANA)の石垣島就航30周年を記念したイベント「羽ばたく輝く ひこうき教室」(全日本空輸㈱石垣支店など主催)が14日、南ぬ島石垣空港旅客ターミナルで行われ、36組72人の親子が航空会社の仕事...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク