全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

ユネスコ食文化創造都市・鶴岡 世界との交流さらに

世界との交流が進む鶴岡市のユネスコ食文化創造都市推進事業の取り組みなどが報告された

 国内で唯一のユネスコ食文化創造都市である鶴岡市の推進事業報告会が2日、同市のグランドエル・サンで開かれ、食文化によって広がる世界との交流や新たに始まる取り組みなどが報告され、交流会で情報交換した。

 同市は、山の幸、海の幸といった豊かな食材に恵まれ、山岳修験に基づく精進料理や季節ごとの行事食、種を守り続けてきた在来作物など精神文化と結び付いた独自の食文化が色濃く残り、こうした歴史と食文化を背景に2014年12月にユネスコ食文化創造都市に認定された。

 報告会は市と官民でつくる鶴岡食文化創造都市推進協議会が主催し、市民ら約110人が参加した。第1部では、山形在来作物研究会の江頭宏昌会長が「波渡なす」や「三角そば」など10年前から鶴岡市で13品目が増えた新規在来作物の紹介、同市とガストロノミー包括連携協定を結ぶ辻調理師専門学校(大阪)メディアプロデューサーの小山伸二さんが新たにスタートさせる鶴岡フィールドスタディの狙い、スペイン・デニア市での食文化交流プログラムに参加した「蔵屋敷LUNA」の佐藤亘総料理長の報告、戦略的連携協定を結び学生がフィールドスタディツアーとして鶴岡を訪れているイタリア食科学大教員のレイモンド・クスマーノさんが同ツアーでの交流などについてそれぞれ報告した。

 このうち3日(土)から学生が初めて鶴岡で学ぶフィールドスタディを始める辻調理師専門学校の小山さんは、「料理人育成の技術教育から次のステージ。外食産業で進むロボット化といった時代の中で、一体料理人は社会で何ができるのか。持続可能な共生型社会など料理を支える世界を学ぶ機会にしたい」と鶴岡での狙いを話した。

 引き続き第2部として交流会が開かれ、スペイン・イタリアの食文化交流事業に参加した鶴岡在住の料理人らの協力で、ピンチョスという串刺しのおつまみなど軽食を楽しみながら交流した。

関連記事

ニューヨークで奄美をPR NY奄美会、ジャパンパレードに出演

 米ニューヨーク・マンハッタンで11日、日米友好イベント「ジャパンパレード」が開かれ、鹿児島県の奄美群島出身者らでつくるニューヨーク奄美会(栄秀吉会長)が奄美代表として出演した。同会メンバーや奄...

長野日報社

入笠山に夏シーズン 開山祭、山頂「最高の景色」 長野県

 長野県富士見町と伊那市にまたがる入笠山(1955メートル)の開山祭が18日、御所平峠近くの登山口で行われた。両市町の関係者約100人が出席。神事の後、諏訪市を拠点に活動する諏訪アルプホルンクラ...

北羽新報社

花嫁行列あでやか、見物客を魅了 能代市の日吉神社「嫁見まつり」

 能代市御指南町の日吉神社(平賀優子宮司)の伝統行事「嫁見まつり」は18日に行われた。県内外から参加した女性4人が色打ち掛けを羽織って新緑に包まれた参道を静々と歩き、見物客を魅了した。境内では飲食...

豊川出身・深谷選手が7人制サッカー日本代表に

 豊川市出身の元Jリーガー深谷圭佑選手(25)が、今月末からメキシコで開催される7人制サッカーの「キングス・ワールドカップ」の日本代表に選ばれた。渡航前に東愛知新聞社を訪れ、堀内一孝社長に「東三河地...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク