全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

地元消防と連携強化 白浜空港消防隊

白浜町消防本部(右)と空港消防隊の合同訓練であいさつする古川泰造さん(左端)=白浜町の南紀白浜空港で

 南紀白浜空港(和歌山県白浜町)の消防隊と同町を管轄する町消防本部が、連携を深めている。空港を運営する南紀白浜エアポートは、この連携が空港消防隊のレベルアップにつながるほか、事故や災害時への備えとしても有意義だと期待する。エアポート社では同本部OBを採用。これまで以上に、訓練などに共同で取り組むという。

 空港の消防業務は、警備業を手掛ける「NWS」(白浜町)がエアポート社から請け負っている。空港には大型化学消防車も配備しており、飛行機やヘリコプターが離着陸する際、隊員は万一の場合に備えて車両に乗って待機している。
 町消防本部とは以前から訓練などに取り組んできたが、4月の南紀白浜空港民営化を機に、より関係を強めようと考えた。5月にはエアポート社、町消防本部、NWSの担当者が一緒に関西空港を視察した。
 5月下旬にも空港で合同訓練をした。消防本部の職員は空気呼吸器の装着方法を細かく説明。一方の空港消防隊員は、大型化学消防車の構造や性能を紹介した。消防本部の担当者は「事故はないに越したことはないが、いざという時のためにも備えておかないといけない」と話した。
 4月にエアポート社に採用され、空港消防隊と町消防本部の「橋渡し役」を担うのは、同本部トップの消防長も務めたことのある古川泰造さん(63)。空港消防隊の指導などを担っている。古川さんは「自治体消防との連携は不可欠で、隊員たちの技術の向上にもつながる。安全を守るため、より現実的な訓練の方法も考えていきたい」と話している。

関連記事

紀伊民報社

テントサウナ貸し出し始める

 和歌山県古座川町相瀬にある道の駅「一枚岩」で飲食や物産の販売、キャンプ場の運営に取り組む「monolith(モノリス)」(田堀穣也代表)が、テントサウナの貸し出しを始めた。国の天然記念物に指定...

荘内日報社

躍る!! 切山椒 「観音様のお歳夜」向け本格化

 鶴岡市で今月17日に行われる「観音様のお歳夜(としや)」に向け、冬の風物詩「

王子サーモン製造ピーク 年末年始の贈答向け 今月は45トン生産

苫小牧市有明町の王子サーモン北海道工場では、年末年始向けのスモークサーモンの製造がピークを迎えている。約60人が交代で色鮮やかなサーモンの薫製や骨の抜き取り、カットなどの作業に取り組む。  同...

山田機械工業 楽器800万円分贈呈 帯広市内6校に

 「ピカピカの楽器で、子どもたちに喜んでほしい」-。部活動の楽器の老朽化が課題となる帯広市内の中学校に、民間からの寄付が相次いでいる。2日に市内の山田機械工業(山田康太社長)が、6校に計約80...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク