全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

地元消防と連携強化 白浜空港消防隊

白浜町消防本部(右)と空港消防隊の合同訓練であいさつする古川泰造さん(左端)=白浜町の南紀白浜空港で

 南紀白浜空港(和歌山県白浜町)の消防隊と同町を管轄する町消防本部が、連携を深めている。空港を運営する南紀白浜エアポートは、この連携が空港消防隊のレベルアップにつながるほか、事故や災害時への備えとしても有意義だと期待する。エアポート社では同本部OBを採用。これまで以上に、訓練などに共同で取り組むという。

 空港の消防業務は、警備業を手掛ける「NWS」(白浜町)がエアポート社から請け負っている。空港には大型化学消防車も配備しており、飛行機やヘリコプターが離着陸する際、隊員は万一の場合に備えて車両に乗って待機している。
 町消防本部とは以前から訓練などに取り組んできたが、4月の南紀白浜空港民営化を機に、より関係を強めようと考えた。5月にはエアポート社、町消防本部、NWSの担当者が一緒に関西空港を視察した。
 5月下旬にも空港で合同訓練をした。消防本部の職員は空気呼吸器の装着方法を細かく説明。一方の空港消防隊員は、大型化学消防車の構造や性能を紹介した。消防本部の担当者は「事故はないに越したことはないが、いざという時のためにも備えておかないといけない」と話した。
 4月にエアポート社に採用され、空港消防隊と町消防本部の「橋渡し役」を担うのは、同本部トップの消防長も務めたことのある古川泰造さん(63)。空港消防隊の指導などを担っている。古川さんは「自治体消防との連携は不可欠で、隊員たちの技術の向上にもつながる。安全を守るため、より現実的な訓練の方法も考えていきたい」と話している。

関連記事

紀伊民報社

夏の応援団参上 大学生が「海の家」

 和歌山県田辺市の扇ケ浜海水浴場で、和歌山大学と関西大学の学生がそれぞれ運営する「海の家」が20日にオープンする。田辺の夏を盛り上げる「応援団」として毎夏の恒例となっている。両大学生は「家族連れ...

荘内日報社

ポーランド・スコブロンキ女声合唱団 鶴岡の高校生と交流のハーモニー

 ポーランド・ポズナン市の「スコブロンキ女声合唱団」を迎えたコンサートが18日、鶴岡市の鶴岡アートフォーラムで開かれ、市内の高校生と共演し、交流のハーモニーを響かせた。  同合唱団は1950年設立。海...

宇部日報社

薩長同盟第2弾の日本酒完成

 山口、鹿児島両大の学生らが共同で造った純米吟醸原酒「ふれんど」が、20日から販売される。山口市役所で18日、発表会が開かれ、商品の名付け親となりラベルのデザインを手掛けた、作家で美術家の大宮エ...

立てないヤギ 車いすで復帰 おびひろ動物園

 おびひろ動物園(柚原和敏園長)の高齢のヤギ「ユズ」(雌、9歳)は昨年秋に左前足の不調で立つことができなくなったが、6月から、飼育展示係のスタッフが改造した車いすを使い、わずかながら歩けるようにな...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク