全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

チームラボ帯広 多彩アート 開幕近づく

子どもたちに大人気の「すべって育てる!フルーツ畑」(チームラボ提供)

 十勝毎日新聞社の創刊100年記念事業として道立帯広美術館で開催されるデジタルアート展「チームラボ 学ぶ!未来の遊園地と、花と共に生きる動物達」の7月6日の開幕まで1カ月を切った。プログラムで動き、来場者の動きに応じて変化する多彩なアート空間6作品を展示する。9月1日まで。

 チームラボは東京大、東京工業大出身のメンバーを中心に立ち上げたプログラマー・クリエーター集団。国内では東京都内の豊洲、お台場などに常設展がある他、海外でも活躍し、未来の遊園地の国内外の累計来場者数は1000万人に達している。

 お台場の「森ビル デジタルアートミュージアム エプソン チームラボ ボーダレス」は昨年11月、開業から5カ月で来場100万人を突破。内部は撮影自由で、SNSなどで魅力が拡散されている。

 帯広での展示は、花でできた動物が動く「花と共に生きる動物達」、来場者が描いた絵が作品に反映される「お絵かき水族館」、滑り台を滑ると花や実が現れる「すべって育てる!フルーツ畑」など。

 「共創(共同的な創造性)」をコンセプトにした教育的プロジェクトで、2020年度から小学校で必修となるプログラミング教育の参考にもなる。

 チケットは大人1400円(前売り1200円)、高大生900円(同750円)、小中生600円(同500円)。未就学児無料。帯広美術館、かちまいサロン(藤丸7階)などで発売中。詳細は同展公式ページ。問い合わせは、同展実行委員会事務局の勝毎光風社(0155・22・7555)へ。

関連記事

荘内日報社

庭園に浮かぶ光の映像 幻想的な世界演出 鶴岡「玉川寺」プロジェクションマッ..

 鶴岡市羽黒町の玉川寺で4、5の両日、光の映像「プロジェクションマッピング」が行われた。  冬の誘客を図ろうと県庄内総合支庁地域産業経済課と庄内観光コンベンション協会、玉川寺の3者がタイアップ...

長野日報社

伝統芸能情感豊かに上演 長野県箕輪町の古田人形芝居公演

 長野県選択無形民俗文化財に指定されている箕輪町の古田人形芝居の今年度定期公演(町教育委員会主催)が4日、町文化センターであった。古田人形芝居保存会と箕輪西小学校古田人形クラブ、箕輪中学校古田...

16窯元一堂に やきもの祭り、きょうまで

 八重山にある16の窯元が一堂に会して作品を物販する第12回石垣島やきもの祭り(同実行委員会主催)が4日、石垣市役所で始まった。5日まで。  同祭りには石垣島12、小浜島、竹富島、西表島、与那国島各1...

荘内日報社

新年向け縁起物作り始まる コロナ退散も願い(鶴岡・荘内神社)

 鶴岡市馬場町の荘内神社(石原純一宮司)で3日、新年に向けた縁起物作りが始まった。14日まで破魔矢や熊手、来年の干支(えと)「寅」の張り子など約5000体を用意、神事を行い、20日から頒布する。  ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク