全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

園児死傷事故を受け田原市がガードパイプ

 滋賀県大津市の交差点で園児らが死傷した交通事故を受け、田原市は類似の事故を防ぐため、市内の歩道付き道路を緊急点検、危険がある交差点など32カ所への防護柵設置に乗り出す。交通安全施設整備事業として800万円を一般会計補正予算案に盛り込み、6月10日開会の定例市議会に提案する。  事故は今月8日、交差点で車2台が衝突し、1台が信号待ちをしていた保育園児らの列に突っ込み、園児2人が死亡した。  田原市は事故の翌日から、歩道のある国・県・市道(計195㌔)を調査。危険があり、優先的に設置が必要と判断した32カ所(市道20カ所、国・県道12カ所)に整備する。このうち、保育園の散策ルートになっているのが17カ所、通学路が23カ所。  交差点内に車道と歩道を分離するブロックはあるものの、防護柵が全くないや、一部ないなどの状況が見られ、ガードパイプを取り付けていく。  県管理の道路もあるため、市側は「県とも協議し、市民の安心安全のため早急に対策を講じる」と話している。市議会で可決されれば、設計に入り、早ければ9月頃にも工事に入れる。  ほかにも、散策コースや通学路で危険箇所が指摘されており、今後、対策を検討していく。

関連記事

長野日報社

国道伊南バイパス、リニア県駅まで延伸 期成同盟会設立へ

 飯島町、中川村と下伊那郡松川町、高森町は7月10日、国道153号伊南バイパスを飯田市に設置されるリニア中央新幹線の県駅まで延伸させることを目指し、「国道153号下市田・本郷間改良促進期成同盟会...

豊川特別支援学校と宝陵高校が作業交流

 豊川市大木町の県立豊川特別支援学校本宮校舎(藤井毅校長)の生徒は18日、校舎が併設されている宝陵高校(鈴木眞成校長)の生徒らと作業学習で交流した。  本宮校舎の高等部2、3年から26人、宝陵高校福...

荘内日報社

税負担など公益大生と対話

 自民党の「財政構造のあり方検討小委員会」(委員長・小渕優子元経済産業大臣)の衆院議員5人が17日、酒田市の東北公益文科大を訪れ、「財政に関する大学キャラバン」と題して、小渕委員長(45)=群馬5区=ら...

宇部日報社

地元企業の「ミズコシタロウ」が福島の発電所に採用

 宇部市中山の中村建設(中村廣義社長)の濁水処理装置「ミズコシタロウ」が、福島県いわき市勿来(なこそ)に建設が進む石炭ガス化複合発電(IGCC)設備を使った火力発電所の汚濁冷却水処理システムに採...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク