全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

旧家・祥風庵で60年ぶり 貴重なひな人形120体飾る

60年ぶりに日の目を見た古家家に伝わる古典人形の数々を解説する工藤会長

 酒田市本町一丁目の古家(ふるや)家(古布と手作りの店「祥風庵」)で、江戸時代初期に作られた「寛永風びな」や、同中期とみられる「享保びな」をはじめとした貴重なひな人形約120体が展示されている。旧家などが所蔵するひな人形を巡るイベント「春色の酒田雛(ひな)街道」実行委員を務める工藤幸治市芸術文化協会長(酒田あいおい工藤美術館長)の強い勧めで実に60年ぶりに飾ったもので、その愛らしさが訪れた人たちを魅了している。

 古家家は、江戸時代末期から昭和時代初期にかけて主に米穀商として財を成し、大正―昭和時代には先祖が酒田米穀取引所仲買人に名を連ねていた。工藤会長が昨年、同イベントでの展示に向け旧知の古家家現当主、古家裕さん(67)と共に家屋内の押し入れに入っていた茶箱、ひな箱の中から「貴重で優れたひな人形」(工藤会長)を見つけた。

 「私が上京する前、昭和30年代前半まで母が飾っていた。帰郷したものの、どう飾ったらよいか分からなかった」(古家さん)ことから今回、工藤会長が飾り付けをサポートした。

 江戸時代初期に作られたとみられる「寛永風びな」は男びなの烏帽子と顔、首が一体化しているのが特徴。紅花染めなどあでやかな色合いが残る衣装に身を包んだ「六歌仙」、丸々とした顔立ちをした次郎左衛門風の「五人囃子(ばやし)」、烏帽子、冠を除いて男びなが48センチ、女びなが34センチとかなりの大きさを誇る古今びななど、貴重な人形たちが所狭しと並ぶ。

 また、古家家に伝わる庄内押し絵や手遊び人形も展示され、訪れた人たちは時がたつのを忘れるかのように見入っていた。古家さんは「旧家に残るひな人形はその家の歴史といえる」と。工藤会長は「愛好家必見の古典人形。実行委員として20年ほど雛街道に関わっているが、市内の旧家にはまだ貴重な古典びなが残っているはず。これからも説得力のある『宝物』を発掘したい」と話した。古家家の展示は4月10日(火)まで、「―雛街道」は同3日(火)まで。

関連記事

北羽新報社

「嫁見行列」見物客を魅了 能代市日吉神社

 能代市御指南町の日吉神社(平賀優子宮司)の伝統行事「嫁見まつり」は21日、同神社で行われた。新型コロナウイルスの影響で、3年ぶりの開催。能代山本内外から参加した女性7人が、色打ち掛けを羽織って新...

長野日報社

長野県諏訪市の諏訪湖サマーナイト花火 7月24日から

 長野県諏訪観光協会と諏訪湖温泉旅館組合でつくるサマーナイト花火実行委員会は19日、諏訪市の諏訪湖畔で花火を連日打ち上げる「諏訪湖サマーナイト花火」の開催概要を発表した。7月24~31日と8月16~27...

長野日報社

御柱祭最終日 コロナ乗り越え感動フィナーレ 長野県

諏訪大社御柱祭の下社里曳きは最終日の16日、最も太い秋宮一之御柱など残る5本の建て御柱を、長野県下諏訪町内で行った。新緑がまぶしい春宮、秋宮の社殿の四隅に新しい御柱がそろい、4月の上社山出しに...

北羽新報社

能代公園に活気 13団体出演し「おもしろアート祭り」

 能代市民有志らによる「能代公園おもしろアート祭り」は14日、同公園の池周辺で開かれた。新型コロナウイルス感染対策を講じながら、市内外の団体による踊りやバンド演奏など多種多彩な演目が繰り広げられた...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク