全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

石垣自然保護官事務所 ナマコの生態学ぶ なまこカフェに親子連れ

ナマコの役割を知り、実際に触れ海の生物について学んだ「なまこカフェ」=20日午後、国際サンゴ礁研究・モニタリングセンター

 サンゴ礁などで身近に生息するナマコを知ってもらい海の生き物全般に興味を持ってもらおうと「なまこカフェ〜これであなたもナマコのトリコ〜」(石垣自然保護官事務所主催)が20日、国際サンゴ礁研究・モニタリングセンターで開かれ、約40人の市民がナマコの生態や資源としての活用について理解を深めた。

 西海区水産研究所亜熱帯研究センター研究員の谷田巌氏が講師を務め、ナマコの体の仕組みや産卵から着底までのナマコの生活史、生態系での役割、生体を使った解剖などを行い、ナマコの不思議に迫ったほか、水産資源としての利用などを説明した。

 水槽には八重山近海に生息するナマコ十数種類が展示され、訪れた親子連れが職員に質問したり、初めて触るナマコに歓声を上げたりしていた。

 新盛基史さんは初めて試食したナマコに「思ったより癖がなくおいしかった。スーパーで売っていたら買いたい」と話し、息子の思人君(5)は「柔らかくておいしかった」と満足げだった。

 初めてナマコを触ったという岩下芽生さん(八島小4年)は「ぷにぷにして触り心地がよかった。思ったより大きかった」と楽しげだった。

関連記事

奄美、沖縄合同で西表島視察 自然との共生へこども環境調査隊 

 鹿児島県奄美市内の小中学生6人で結成した「奄美こども環境調査隊」(奄美市教育委員会、南海日日新聞社主催)の沖縄県西表島視察が22日、始まった。初日は干潟の生き物を観察したほか、人と自然の共生に...

荘内日報社

山形大農学部2年生と研究生 就職、定住へ鶴岡の産業学ぶ

 山形大農学部の2年生と研究生を対象にした企業見学会が22日、鶴岡市内の2企業で行われ、学生たちが就学地の産業に理解を深めた。  学生たちに同市の産業の特色や企業活動への関心を高めてもらおうと昨年に...

紀伊民報社

ジオパークセンターが完成

 紀南に広がる貴重な地質遺産の情報を発信する「南紀熊野ジオパークセンター」が、和歌山県串本町潮岬の潮岬観光タワー隣接地に完成した。27日正午にオープンする。  県が約7億4千万円をかけて建設し...

帯広メロン味わって 大玉「プレミアム」登場 出荷開始

 帯広と芽室の農家6戸が栽培している「帯広メロン」の出荷が23日、始まった。販売元のキサキ糧穀(帯広市愛国町)に約300玉が集まり、箱詰めして小売店や贈答用に発送された。  マスクメロンの帯...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク