全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

観光シーズン幕開け メルヘン街道開通式

テープカットとくす玉割りで開通を祝う参加者

 長野県茅野市と南佐久郡佐久穂町、小海町とを結ぶ国道299号(通称メルヘン街道)の開通式が18日、同市と佐久穂町境の麦草峠(標高2127メートル)で行われた。関係自治体の観光関係者ら約200人が出席。テープカットやくす玉割りで、昨年11月15日から冬期閉鎖されていた街道の通行が再開され、本格的な観光シーズンの幕開けを告げた。

 今冬は、シーズン通して雪が少なかったものの、3~4月は比較的雪が多く、開通に向けた除雪作業は苦労したという。峠付近の道路わきには最大1・2メートルほどの雪が残る中、ちの観光まちづくり推進機構と佐久穂町観光協会、小海町観光協会でつくるメルヘン街道協議会が主催する開通式典が行われた。

 主催者を代表し、小海町観光協会の鷹野圭太会長が「観光、産業をつなぐ大事な道で、登山口の一つである。今年も事故のないよう安全にお越しいただきたい」とあいさつ。佐久穂町の佐々木勝町長が「一人ひとりのおもてなしが10年、20年、30年後のメルヘン街道の評価となる」と述べた。

 セレモニーには同市湖東保育園と笹原保育園、小海町小海保育園、佐久穂町八千穂保育園の年長児約60人も参加。ご当地キャラクターも一緒になってテープカットやくす玉割りが行われ、シーズン中の安全を願うほら貝の音が山に響き渡った。

 昨年5月には中部横断自動車道八千穂高原インターチェンジが開通してメルヘン街道と上信越自動車道が直結したことで、北関東からの観光客も増えたという。

関連記事

マンゴー共和国が建国式 根路銘大統領「たくさん味わって」 島の駅みやこ

宮古島産マンゴーのさらなるブランド化に寄与するためのイベント「マンゴー共和国2024」(主催・同実行委員会)の建国式が14日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の根路銘康文会頭が「大統領」に...

東三河の最先端技術が一堂に「ものづくり博」豊橋で始まる

 地域のものづくりの技術や製品などを一堂に集めた「ものづくり博2024in東三河」が14日、豊橋市総合体育館で始まった。ロボットや人工知能(AI)などの最先端技術を紹介し、試作機などを見て触っ...

北羽新報社

看護の道へ精進誓う 能代市の秋田しらかみ学院で初の「宣誓式」

 能代市落合の秋田しらかみ看護学院(近藤美喜学院長)で14日、宣誓式が行われた。基礎看護学実習を控えた2年生36人(男子1人、女子35人)が、志を共にする仲間たちと支え合いながら学びを深めていくことを...

23年度県産マンゴー豊作 前年比14%増の2041㌧

 【那覇】県農林水産部は14日、県産マンゴーの2023年度実績を発表、県全体で前年比14%増の2041㌧、八重山地区も平年対比で29%増の247㌧と豊作だった。24年産は県全体で12%減を見込む。  23年産が豊作...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク