全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

観光シーズン幕開け メルヘン街道開通式

テープカットとくす玉割りで開通を祝う参加者

 長野県茅野市と南佐久郡佐久穂町、小海町とを結ぶ国道299号(通称メルヘン街道)の開通式が18日、同市と佐久穂町境の麦草峠(標高2127メートル)で行われた。関係自治体の観光関係者ら約200人が出席。テープカットやくす玉割りで、昨年11月15日から冬期閉鎖されていた街道の通行が再開され、本格的な観光シーズンの幕開けを告げた。

 今冬は、シーズン通して雪が少なかったものの、3~4月は比較的雪が多く、開通に向けた除雪作業は苦労したという。峠付近の道路わきには最大1・2メートルほどの雪が残る中、ちの観光まちづくり推進機構と佐久穂町観光協会、小海町観光協会でつくるメルヘン街道協議会が主催する開通式典が行われた。

 主催者を代表し、小海町観光協会の鷹野圭太会長が「観光、産業をつなぐ大事な道で、登山口の一つである。今年も事故のないよう安全にお越しいただきたい」とあいさつ。佐久穂町の佐々木勝町長が「一人ひとりのおもてなしが10年、20年、30年後のメルヘン街道の評価となる」と述べた。

 セレモニーには同市湖東保育園と笹原保育園、小海町小海保育園、佐久穂町八千穂保育園の年長児約60人も参加。ご当地キャラクターも一緒になってテープカットやくす玉割りが行われ、シーズン中の安全を願うほら貝の音が山に響き渡った。

 昨年5月には中部横断自動車道八千穂高原インターチェンジが開通してメルヘン街道と上信越自動車道が直結したことで、北関東からの観光客も増えたという。

関連記事

奄美、沖縄合同で西表島視察 自然との共生へこども環境調査隊 

 鹿児島県奄美市内の小中学生6人で結成した「奄美こども環境調査隊」(奄美市教育委員会、南海日日新聞社主催)の沖縄県西表島視察が22日、始まった。初日は干潟の生き物を観察したほか、人と自然の共生に...

荘内日報社

山形大農学部2年生と研究生 就職、定住へ鶴岡の産業学ぶ

 山形大農学部の2年生と研究生を対象にした企業見学会が22日、鶴岡市内の2企業で行われ、学生たちが就学地の産業に理解を深めた。  学生たちに同市の産業の特色や企業活動への関心を高めてもらおうと昨年に...

紀伊民報社

ジオパークセンターが完成

 紀南に広がる貴重な地質遺産の情報を発信する「南紀熊野ジオパークセンター」が、和歌山県串本町潮岬の潮岬観光タワー隣接地に完成した。27日正午にオープンする。  県が約7億4千万円をかけて建設し...

帯広メロン味わって 大玉「プレミアム」登場 出荷開始

 帯広と芽室の農家6戸が栽培している「帯広メロン」の出荷が23日、始まった。販売元のキサキ糧穀(帯広市愛国町)に約300玉が集まり、箱詰めして小売店や贈答用に発送された。  マスクメロンの帯...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク