全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

富士見→甲府 のろし伝達25分間で完了

スタート地点の富士見高原リゾート創造の森展望台で煙を上げる関係者

 山梨、長野両県の市民団体や自治体などの関係者が連携して、戦国武将の武田信玄が情報伝達に用いたとされるのろしを再現する取り組みを6日行った。山梨県の信玄公祭りに合わせて実施。再現はこれまで両県それぞれで取り組んでいたが、今回初めて県境を越えてのろしをリレーし、スタート地点の富士見町から甲府市まで25分間で伝達を完了した。

 信濃の情勢の異変を信玄公祭りの本隊がいる甲府市舞鶴城の本陣に伝えるという想定で行った。ルートは同町―北杜市―韮崎市―甲斐市―甲府市。杉の葉を燃やしたり、発煙筒で煙を上げたりして、目視で確認しながら8カ所をリレーした。

 付近に狼煙場の伝承がある、スタート地点の同町富士見高原リゾート創造の森展望台では、のろしリレーを長野県内で行っている武田信玄狼煙会や、町観光協会、町、同リゾートの関係者が参加。陣羽織姿の窪田福美観光協会長と和田正生町産業課長が吹くほら貝を合図に煙を上げた。呼応して北杜市中山の山腹から煙が上がるのが見えると観光客らから歓声が上がった。同日は風が強く、煙が真上に上がらず、関係者を心配させたが無事成功に安堵していた。

 武田信玄狼煙会は、信玄生誕500年に当たる2021年に両県を結ぶ約230~250キロのリレーを目指している。同会幹事長の秋山大一さん(60)=諏訪市=は「多くの皆さんの協力で今回の取り組みができた。目標実現に向けた足掛かりになる」と話していた。

関連記事

長野日報社

気軽に野菜作り体験 長野県富士見町に30日「JA農園」開園

 JA信州諏訪と子会社のあぐりクリエイト信州諏訪は、市民が気軽に野菜作りを体験できる「JA農園」を30日、長野県富士見町南原山に開園する。土づくり済みのミニ農地を秋まで希望者に提供する新規事業で...

マヂラブ・村上さんが新城市観光大使第1号に

 新城市は16日、市観光大使の第1号に、お笑いコンビ「マヂカルラブリー」の村上さん(39)を委嘱した。長篠出身で高校まで市内に住んでいた。  村上さんは市立鳳来中学、県立新城東高校(現新城有教...

キガシラセキレイ飛来 石垣

 キガシラセキレイが市内のほ場に渡来した。  体長16・5~18㌢の野鳥で、ロシア中西部やモンゴルなどにかけて繁殖し、冬季は中国南部やインドシナなどへ渡る。日本では旅鳥として少数が渡来し、農耕地や...

北羽新報社

高齢者施設の浴室に雄大な富士の絵 秋田公立美大生の池端さん制作

 秋田公立美術大4年でグラフィックデザインなどを学ぶ能代市西赤沼の池端咲紀さん(22)が、富士山をテーマにしたデジタル絵画2枚を制作し、同市落合の介護付き有料老人ホーム「サンビレッジ清風のしろ」...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク