全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

余った食料品こども食堂へ 十勝総合振興局

三井局長に食品を渡す高橋社長(左)と福原の斎藤地域貢献推進室担当(左から2人目)

企業や家庭から募集
 十勝総合振興局は、こども食堂の食材調達を支援しようと、家庭や企業で余っているコメ、缶詰、レトルト食品などの寄付を呼び掛ける「フードドライブ」を始めた。

 こども食堂は管内では5団体が活動。無料・安価で食事を提供、食事を囲む団らんの場や住民同士の交流の場になっている。民間中心の運営で資金繰りが厳しく、食材確保が課題となっている。一方で、食品ロスをなくす観点から、食材の寄付に前向きな事業者・個人も多く、振興局が窓口になって双方をつなぐことにした。

 18日から試験的に受け付けを始め、スーパーを展開する福原(帯広)と帯広地方卸売市場(同)からコメ、缶詰、食用油、調味料、菓子などの提供を受けた。

 福原の斎藤博明地域貢献推進室担当は「今後は福原独自でもフードドライブの活動をしたい」と強調。帯広地方卸売市場の高橋正行社長は「売れ残った商品を捨てるのはもったいない。十勝で商売する者として協力したい」と述べた。

 集まった食品は食堂運営団体と話し合って配分する予定。振興局では定期的に個人から寄付を募るほか、食堂運営者と事業者で組織をつくり、円滑に食品を提供す体制も構築する。三井真局長は「(食堂を)十勝全体で支えるきっかけになれば」と話していた。

 今回の募集は29日まで。社会福祉課で受け付けている。未開封の常温保存できる、賞味期限が1カ月以上先の食品が対象。問い合わせは同課(0155・27・8704)へ。

関連記事

長野日報社

キヌアが縁で国際交流 駐日ボリビア大使が富士見高訪問

 駐日ボリビア臨時代理大使のアンヘラ・アイリョンさん(44)が19日、国際親善交流で富士見高校(富士見町)を訪れた。同国が主産国の雑穀キヌアの栽培研究を同校生徒が行っている縁。アンヘラさんは園芸科...

荘内日報社

高校生の目線で提言

 酒田市の本年度の「元気みらいワークショップ」が同市の酒田南高校(中原浩子校長)で始まった。市民協働のまちづくりに向け、2016年度から一般市民を対象に実施してきたもので、本年度は初めて高校生を対象に...

紀伊民報社

クジラ骨の鳥居 老朽化で建て替え

 和歌山県の太地町漁協(脊古輝人組合長)は、同町太地の恵比須神社にあるクジラ骨の鳥居を建て替えた。以前の鳥居が老朽化していたためで、19日に関係者が神事をして完成を祝った。  クジラ骨の鳥居は、...

安平に復興シンボル、道の駅オープン 地元の食求めにぎわう

 安平町追分地区で19日、道の駅「あびらD51(デゴイチ)ステーション」がオープンした。"鉄道のまち"をアピールする鉄道資料館を併設し、地元の新鮮な農産物や特産品を並べた施設は、開業と同時に町内外...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク