全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

余った食料品こども食堂へ 十勝総合振興局

三井局長に食品を渡す高橋社長(左)と福原の斎藤地域貢献推進室担当(左から2人目)

企業や家庭から募集
 十勝総合振興局は、こども食堂の食材調達を支援しようと、家庭や企業で余っているコメ、缶詰、レトルト食品などの寄付を呼び掛ける「フードドライブ」を始めた。

 こども食堂は管内では5団体が活動。無料・安価で食事を提供、食事を囲む団らんの場や住民同士の交流の場になっている。民間中心の運営で資金繰りが厳しく、食材確保が課題となっている。一方で、食品ロスをなくす観点から、食材の寄付に前向きな事業者・個人も多く、振興局が窓口になって双方をつなぐことにした。

 18日から試験的に受け付けを始め、スーパーを展開する福原(帯広)と帯広地方卸売市場(同)からコメ、缶詰、食用油、調味料、菓子などの提供を受けた。

 福原の斎藤博明地域貢献推進室担当は「今後は福原独自でもフードドライブの活動をしたい」と強調。帯広地方卸売市場の高橋正行社長は「売れ残った商品を捨てるのはもったいない。十勝で商売する者として協力したい」と述べた。

 集まった食品は食堂運営団体と話し合って配分する予定。振興局では定期的に個人から寄付を募るほか、食堂運営者と事業者で組織をつくり、円滑に食品を提供す体制も構築する。三井真局長は「(食堂を)十勝全体で支えるきっかけになれば」と話していた。

 今回の募集は29日まで。社会福祉課で受け付けている。未開封の常温保存できる、賞味期限が1カ月以上先の食品が対象。問い合わせは同課(0155・27・8704)へ。

関連記事

長野日報社

すわっこランド400万人 開館15年目

 諏訪市豊田の温泉・温水利用型健康運動施設「すわっこランド」で15日、オープン以来の入館者数が累計400万人を達成した。幸運な入館者は松本市の女性。金子ゆかり諏訪市長から達成証明証と同施設利用...

竹島水族館で「わたし一肌脱ぎます」展

 脱皮をしたり、他の生物のために懸命になる水生生物をを紹介する企画展「わたし一肌脱ぎます」展が、蒲郡市竹島水族館で開かれている。魚やエビなど9種類を展示している。7月8日まで。  脱皮する生物で...

紀伊民報社

地元消防と連携強化 白浜空港消防隊

 南紀白浜空港(和歌山県白浜町)の消防隊と同町を管轄する町消防本部が、連携を深めている。空港を運営する南紀白浜エアポートは、この連携が空港消防隊のレベルアップにつながるほか、事故や災害時への備え...

荘内日報社

庄内地方の観光スポットとバスの安全な乗り方

 酒田市八幡地域・大沢地区の地域おこし協力隊員、阿部彩人さん(38)=同市大蕨=が中心になり、庄内地方の観光スポットとバスの安全な乗り方を庄内弁で紹介するミュージックビデオを制作し、動画配信サイトな...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク