全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

余った食料品こども食堂へ 十勝総合振興局

三井局長に食品を渡す高橋社長(左)と福原の斎藤地域貢献推進室担当(左から2人目)

企業や家庭から募集
 十勝総合振興局は、こども食堂の食材調達を支援しようと、家庭や企業で余っているコメ、缶詰、レトルト食品などの寄付を呼び掛ける「フードドライブ」を始めた。

 こども食堂は管内では5団体が活動。無料・安価で食事を提供、食事を囲む団らんの場や住民同士の交流の場になっている。民間中心の運営で資金繰りが厳しく、食材確保が課題となっている。一方で、食品ロスをなくす観点から、食材の寄付に前向きな事業者・個人も多く、振興局が窓口になって双方をつなぐことにした。

 18日から試験的に受け付けを始め、スーパーを展開する福原(帯広)と帯広地方卸売市場(同)からコメ、缶詰、食用油、調味料、菓子などの提供を受けた。

 福原の斎藤博明地域貢献推進室担当は「今後は福原独自でもフードドライブの活動をしたい」と強調。帯広地方卸売市場の高橋正行社長は「売れ残った商品を捨てるのはもったいない。十勝で商売する者として協力したい」と述べた。

 集まった食品は食堂運営団体と話し合って配分する予定。振興局では定期的に個人から寄付を募るほか、食堂運営者と事業者で組織をつくり、円滑に食品を提供す体制も構築する。三井真局長は「(食堂を)十勝全体で支えるきっかけになれば」と話していた。

 今回の募集は29日まで。社会福祉課で受け付けている。未開封の常温保存できる、賞味期限が1カ月以上先の食品が対象。問い合わせは同課(0155・27・8704)へ。

関連記事

石垣青年会 竹とんぼ作りに挑戦 親子連れなど30人参加

 第4回いしゃなぎら字会学級「おやこで竹とんぼをつくろう」(石垣青年会主催)が18日午後、石垣公民館で開かれ、親子連れなど約30人が昔から伝わる竹とんぼ作りに挑戦した。  竹とんぼ作りは、昔から...

長野日報社

キツネノカミソリが見頃 岡谷の出早公園で観察会

 長野県岡谷市長地の出早公園で、キツネノカミソリが見頃を迎えている。今年は梅雨が長かった影響で、例年よりも約1週間開花が遅いという。オレンジ色の細長い花びらを付けた花がじゅうたんのように広がり...

「ツルヒヨドリ」を駆除 特定外来生物指定の植物 西表石垣パークボラ

 【西表】環境省により特定外来生物に指定される植物「ツルヒヨドリ」の駆除作業が10日、白浜地区で行われ、西表石垣パークボランティアのメンバーらが水路内に繁茂したツルヒヨドリを手作業で抜き取った。 ...

長野日報社

夏休みの思い出を新聞に 長野日報社で親子体験

 長野日報社は17日、小学生と保護者を対象にした「夏休み思い出写真新聞づくり」を諏訪市高島3の本社で開いた。諏訪地方から8組の親子が参加。家族で訪れた海水浴や旅行の写真を持ち寄り、A3判の“オリ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク