全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

余った食料品こども食堂へ 十勝総合振興局

三井局長に食品を渡す高橋社長(左)と福原の斎藤地域貢献推進室担当(左から2人目)

企業や家庭から募集
 十勝総合振興局は、こども食堂の食材調達を支援しようと、家庭や企業で余っているコメ、缶詰、レトルト食品などの寄付を呼び掛ける「フードドライブ」を始めた。

 こども食堂は管内では5団体が活動。無料・安価で食事を提供、食事を囲む団らんの場や住民同士の交流の場になっている。民間中心の運営で資金繰りが厳しく、食材確保が課題となっている。一方で、食品ロスをなくす観点から、食材の寄付に前向きな事業者・個人も多く、振興局が窓口になって双方をつなぐことにした。

 18日から試験的に受け付けを始め、スーパーを展開する福原(帯広)と帯広地方卸売市場(同)からコメ、缶詰、食用油、調味料、菓子などの提供を受けた。

 福原の斎藤博明地域貢献推進室担当は「今後は福原独自でもフードドライブの活動をしたい」と強調。帯広地方卸売市場の高橋正行社長は「売れ残った商品を捨てるのはもったいない。十勝で商売する者として協力したい」と述べた。

 集まった食品は食堂運営団体と話し合って配分する予定。振興局では定期的に個人から寄付を募るほか、食堂運営者と事業者で組織をつくり、円滑に食品を提供す体制も構築する。三井真局長は「(食堂を)十勝全体で支えるきっかけになれば」と話していた。

 今回の募集は29日まで。社会福祉課で受け付けている。未開封の常温保存できる、賞味期限が1カ月以上先の食品が対象。問い合わせは同課(0155・27・8704)へ。

関連記事

宇部日報社

小中学校で給食再開

 宇部市内の公立小・中学校は、1日から給食を再開した。消毒など新型コロナウイルス対策が徹底される中での実施となったが、子どもたちは友達と一緒に久しぶりの給食を楽しんだ。    岬小(内田京子校長...

「畜大の酒」スタート 「碧雲蔵」試験醸造 帯広

 帯広畜産大学の構内に整備した酒蔵「碧雲(へきうん)蔵」で1日、試験醸造が始まった。上川大雪酒造(上川管内上川町)の杜氏(とうじ)の川端慎治さんの指導を受け、スタッフらが麹(こうじ)づくりに取...

北羽新報社

能代バスケミュージアムが移転再開

 能代市が平成24年に開設した「能代バスケミュージアム」が1日、同市柳町でリニューアルオープンした。手狭だった畠町から展示スペースが3倍になった空き店舗へ拠点を移し、高校バスケットボールの伝統校・...

長野日報社

多「酒」多彩に酒蔵ツーリズム 伊南地域がモデルに

国税庁の「酒蔵ツーリズム推進事業」で、全国16カ所のモデル事例対象地域の一つに長野県の駒ケ根市、飯島町、宮田村、中川村の伊南地域が公募で選ばれた。伊南DMO設立準備会が申請していたもので、日本...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク