全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

熊楠の手紙見つかる イベントで一般公開

南方熊楠が知人に書いた手紙と、その知人から譲り受けたハマグリの化石。風邪薬の袋に入っていた(白浜町の南方熊楠記念館で)

 南方熊楠記念館(和歌山県白浜町)で、1913(大正2)年に熊楠が知人に宛てて書いた手紙が見つかった。この知人が所有する化石を譲ってほしいと依頼する内容で、ユーモアを感じさせる表現もある。この化石は熊楠へ渡り、いまも記念館が保管している。

 記念館学術スタッフの土永知子さん(59)は「見つけた時は驚いた」と振り返る。記念館は、手紙や化石を16日に町内で開かれる催しで初めて一般に公開する。
 手紙(横23・5センチ、縦17・5センチ)は13年6月7日付で、知人の﨑下孫七氏に宛てたもの。﨑下氏の自宅は熊楠邸(現在の田辺市中屋敷町)近くにあり、熊楠の使いの女性が手紙を持って訪ね、見せたとみられる。熊楠は46歳、﨑下氏は20代後半だった。
 熊楠は手紙で、化石を譲ってくれれば「お礼として、すし、鶏、魚や酒席」を用意するとした一方で「ただ、いまはお金がないのでまた今度」という意味の文章を書いている。熊楠の手紙としては文字が大きく、ルビを振った漢字もあって読みやすい。
 熊楠の日記によれば、熊楠は前日の6日深夜に銭湯で﨑下氏と会っている。日記には﨑下氏らから「色々の俗伝きく」との記述がある。土永さんによると、ここで化石の話題が出たとみられる。
 﨑下氏は手紙を読み、風邪薬の袋に化石を入れ、使いの女性に預けた。女性は熊楠邸へ帰る途中、熊楠の別の知人に会い、その知人が化石を割ったところ、小さなハマグリの化石2個が出てきた。熊楠はこうした出来事を7日付の日記に書いている。
 土永さんが手紙を見つけたのは3月上旬。記念館の収蔵庫を整理していたところ、熊楠の鉱物標本の空き箱に入っていた。日記の日付などから13年の出来事と気付き、残っている化石や薬の袋も分かったという。
 土永さんは「年の離れた青年と銭湯で会話したり、手紙に冗談と取れる表現もしたりしているのは熊楠らしいのではないか。細かいことも書き、残したからこそ(手紙や化石のやりとりが)分かったというのは面白い」と話す。
 手紙や化石は、16日午前10時~午後3時半に白浜会館で開かれる「南紀熊野ジオパークフェスタ」で展示する。この催し以降、手紙は記念館でも展示する予定。

関連記事

新鮮野菜、首都圏へ空輸 JALと農総研が実証実験-新千歳

 日本航空(JAL)と農産物流通業の農業総合研究所(農総研、和歌山市)は21日、実証実験として新千歳空港の集荷場から北海道産農産物を東京へ初出荷した。道内で朝に収穫した野菜をその日の昼ごろに羽田...

荘内日報社

幽玄な舞がファン魅了

 酒田市松山地域に伝わる松山能(県指定無形民俗文化財)が20日夕、同地域の本町皇大神社(宮本正芳宮司)の神明神社能楽堂で奉納上演され、幽玄な舞が訪れた能楽ファンを魅了した。  松山能は350年以上の歴...

紀伊民報社

釣り銭取り忘れ注意 窃盗相次ぐ

 和歌山県警田辺署は、管内のセルフ給油所に、釣り銭の取り忘れや窃盗への注意を促すチラシを掲示している。管内では近年、給油所を利用した人の取り忘れた釣り銭が盗まれる被害が相次いでいて、今年はすでに...

宇部日報社

病院の職員の子どもたちが職場訪問

 セントヒル病院(西嶋雋嘉院長)で20日、看護師などとして働く職員の子どもたちを招いた職場見学が行われた。参加した小学生30人は白衣に袖を通して院内を見学。親が働く姿も目にし、夜勤などもある仕事...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク